12月18日、東京都味の素フィールド西が丘にて、第63回全日本大学サッカー選手権大会準決勝が行われた。関学は関西第1代表の阪南大に2-1で逆転勝利し、決勝へ駒を進めた。  試合開始早々の前半2分、セットプレーからのこぼれ球を決められてしまう。その後も前半はなかなか自分たちのサッカーができず、後半を迎える。そして後半27分、MF小幡(商4)がゴール前にクロスを挙げるとFW呉屋(人3)が頭で合わせ、...[関学スポーツへ]