IMG_8414%E2%91%A020140906.jpg

第90回関東大学バスケットボールリーグ戦 於代々木第二体育館

6日
◆結果◆
青学大 82-61 国士舘大
1Q 27-8
2Q 14-14
3Q 26-14
4Q 25-25

7日
◆結果◆
青学大 90-62 法大
1Q 28-8
2Q 19-13
3Q 24-22
4Q 19-13

両日共通
◆スターティングメンバー◆
#5 高橋貴大(法4)
#7 野本建吾(総4)
#9 安藤周人(総2)
#11 田中光(国3)
#13 鵤誠司(総3)


ついにリーグ戦が開幕した。6日は国士舘大、7日は法大と対戦。青学大は実力を遺憾なく発揮し、見事勝利を手にした。


6日
第1ピリオド、順調に得点を重ね、青学大の強さを見せつける。27-8と相手を一桁得点に抑えた。

第2ピリオド、国士舘大が少しずつ追い上げる。青学大はさらに点差を広げたいところだが、得点に伸び悩む。41-22と点差は変わらず前半を終える。

第3ピリオド、#7野本の活躍を中心に勢いづく青学大は、先程までのピリオドとは打って変わり、オフェンスが得点をどんどんあげていく。67-36とリードを広げる。

第4ピリオド、序盤は流れを掴んでいたが、ファールが増え、リズムが崩れる。相手のオフェンスにより思うようにシュートを決められない。しかし、リードは守りきり、82-61と大勝し、白星スタートをきった。

IMG_8173%E2%91%A020140906.jpg

IMG_8405%E2%91%A020140906.jpg

7日
第1ピリオド、序盤から流れを掴み、#9安藤、#7野本と続けて3Pシュートを決める。相手に得点する隙を与えず、28-8で第1ピリオドを終える。

第2ピリオド、前半はシュートを決めるもうまくペースを掴めず、残り5分で1回目のタイムアウト、残り2分で2回目のタイムアウト。その後はチームの雰囲気も変わり、全員がとにかく走りボールにくいつく。激しいディフェンスとオフェンスにより、47-21とリードを保ち、前半を終える。

第3ピリオド、相手に先制されるも#11田中を中心に得点。攻められ追い上げられる場面もあったが、71-43と28点差で最終ピリオドへ。

第4ピリオド、勢いづく青学大は#7野本がダンクシュートが決め、会場を盛り上げる。点差は30点以上。最後まで実力を見せつけ90-56と大差での勝利となった。

IMG_8496%E2%91%A020140907.jpg

IMG_8462%E2%91%A020140907.jpg

白星スタートをし、その勢いのまま2戦目も勝ち星をあげた青学大。まずは一歩、優勝に近づいた。(大澤佳奈)


このページの先頭へ