20141116%E6%9C%80%E5%88%9D.jpg

関東大学リーグ ディビジョンⅠグループB 於ダイドードリンコアリーナ

◆結果◆
青学大○7-2●神大

1P 1-0
2P 1-2
3P 5-0

東海大戦、大東大戦と引き分けで終わり、上位に行くためには勝ち点3が欲しかった青学大。第1・2ピリオドと調子が上がらなかったが、第3ピリオドではいつも青学大らしく、得点もあげ、無失点にも抑え、7-2と快勝。待望の勝利を手にした。

第1ピリオド、互いに譲らぬ展開で試合は動かず。#78畠山和弥(総3)の放ったシュートが幸運にもゴールに吸い込まれる。先制点を奪い、1-0で第1ピリオドを終える。

20141116%E7%AC%AC%EF%BC%91%E3%83%94%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%89.jpg

20141116%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A.jpg

第2ピリオド、開始早々に切り込んだ#18石崎湧一(国2)がゴールネットを揺らし、2-0に。中盤まではリードを保つが、残り8分で神大にパックを打ち込まれる。さらに残り3分でも追加点を許す。神大に押され2-2の同点で最終ピリオドへ。

20141116%E7%AC%AC2%E3%83%94%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%89.jpg

第3ピリオド、第2ピリオド終了間際のペナルティーにより、キルプレーからのスタートとなった青学大。なかなか得点のチャンスを掴めず。苦しい状況を打開したのが、開始3分19秒での#65千葉航輔(総1)の3点目。再びリードを奪い勢いづいた青学大は、34秒後に#91徳光建弥(営3)が4点目をあげる。その後も#91徳光が再び得点すると、#10加藤祐平(社3)、#17吉川隼人(総4)も続けてゴールを決める。終盤にはGK#55三浦喬史(営4)主将に代わり#15小野健次郎(法2)が出場。7-2と快勝を収めた。

20141116%E7%AC%AC3%E3%83%94%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%89.jpg

20141116%E7%AC%AC3%E3%83%94%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%89%E2%91%A1.jpg

20141116%E7%AC%AC3%E3%83%94%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%89%E2%91%A2.jpg

残るはあと1試合。既にグループ優勝が決定している専大との対戦だが、最終戦は白星を飾りたい。(大澤佳奈)

三浦主将コメント
「(今日の試合を振り返ってみて)スタートが悪いチームなので、今日はスタートを意識してやるって事だったんですけど、いつも通りスタートも悪く、第2ピリオドまで同点で、第3ピリオドで自分達のプレーができたので良かったです。専大戦ではしっかり第3ピリオドでできたものを第1ピリオドからできるように、体作りをしていきたいと思います。(第2ピリオドまで調子が上がらなかった原因は)5人でやっているので、一人が調子悪いとそれが伝染してしまって、流れが悪くなって失敗して、というような感じで。今日は準備が悪かったんだと思います。(リーグ最終戦、専大との試合に向けて)専大は無敗できているので、一試合でも黒星をつけて、インカレ予選では専大相手に3-1で勝っているので、順位とか結果はまだわかりませんが、自分達はこれだけできるんだと見せつけて、勝って気持ちよく終われればなと思います。」

畠山選手コメント(先制点を決めた)
「(今日の試合を振り返って)前半は流れが悪かったんですけど、後半になるにつれてみんな足が動いて、いい形で試合を運べたので、後味は悪いですけど勝てて良かったです。(先制点を決めて、その時にご自身でも驚いているように見えたがその時の心境は)とりあえずホイッスルをもらおうと思って打ったシュートだったので、入ってびっくりしたというのもあるし、喜ぶのを忘れて驚いてしまったんですけど、とりあえず入ってよかったです。(リーグ最終戦、専大との試合に向けて)入替戦あるかないかまだわからないんですけど、リーグ戦でこのチームで戦うのは最後になるので、しっかり白星をあげられればいいと思いますし、いい終わり方で、後味よく終わりたいと思います。」

徳光選手コメント(この試合2得点)
「(今日の試合を振り返って)今日は自分も含め、周りもいろいろとあってバタバタとしてしまい、試合の入りが集中してできなくて、スコアも第1・2ピリオドと三浦選手が(シュートを)止めてくれてたので良かったんですけど、押され気味で、第3ピリオドになってみんな落ち着いてきて、3点目を先にとれて、流れも良くなって、追加点も決められて。自分の仕事は得点を入れる事なので、周りに迷惑をかけた分、返さなきゃいけなきゃいけないという気持ちでした。(4点目、5点目と連続で得点を決めたが、どのような気持ちだったのか)第3ピリオドで決めた5点全部のシフトで僕は出ていて、直接得点に繋がるプレーはしていなかったんですが、リンク上にいるときに得点が入っていたので、得点を決めようという気持ちを持てば勝てるのではないかなと思いました。(リーグ最終戦、専大との試合に向けて)今2位の東海大が最終戦で引き分けて僕たちが専修大に勝てば入替戦にいけるので、まだ終わってないので、集中切らさずに最後勝ってリーグを締めたいと思います。」

このページの先頭へ