1番大槻の活躍がチームに流れを呼んだ

関東学生1部秋季リーグ 対淑大  於 国立代々木第二体育館

◆今日のオーダー◆
1番 大槻麻菜(史学4年)
2番 山﨑知春(教育4年)副将
3番 阿部恵(教育4年)主将・山﨑
4番 阿部主将
5番 大槻・代瑞葉(フランス4年)
6番 代
7番 早田知世(教育1年)


 大会2日日の相手は今年の春季までリーグ戦4季連続優勝中の淑徳大。優勝するには是が非でも倒さなければならない相手だ。
 いきなり1番大槻が淑徳大エースの山梨に対して3度のジュースゲームを全てものにする粘り強さを見せて勝利し、相手の出ばなをくじく。2番山崎副将は小野にストレートで敗れるも、続く阿部主将とのダブルスでは地力を発揮してしっかりと勝利を収める。

 4番の阿部主将は中国人留学生の王を相手に第1セットこそ失うものの、第2セット以降はいずれも終盤に突き放す展開で3セットを続けて奪った。この勝利で阿部主将は4年間のシングルスでのリーグ通算勝利数を20勝(12敗)として、平成以降では青学大女子7人目の特別賞受賞を確定させた。

シングルス通算20勝を達成した阿部主将


 5番の大槻・代ペアはセットカウント2-1とリードして勝利まであと一歩と迫ったが、続く第4・第5セットは序盤から連続失点を重ねるなど反撃にあい、流れを失って逆転負けを喫した。ダブルスの直後に続けて登場した6番の代だが、なかなか試合を自分のペースに持ち込むことが出来ない。結局ストレートで敗れ、昨日の大正大戦に続いて勝負は7番で決着することとなった。

 7番は昨日のヒロインである1年の早田。相手は同じく1年の石川。第1・第2セットは昨日の勢いそのままに大きく差をつけて勝利し、早くもチームの勝利に王手をかける。ところが第3セットを続けざまの連続失点で失うと、第4セットも一時は5-9から同点に追いつくも、淑大ベンチにタイムアウトで流れを変えられ、タイムアウト後の2連続失点でこのセットを落とした。

 運命のファイナルセット。この試合で相手に有効だったサービスを駆使し、序盤は5-1とリードする。しかし石川の粘りの前に徐々に差を縮められると、一気に6-7と試合をひっくり返される。そんな展開の中で次の1点が試合を決めた。
 
 観客からも思わずどよめきがあがる程の、お互いの意地がぶつかり合う激しいラリーの応酬から、最後は早田の強打が決まり7-7の同点とする。この1点で完全に勢いに乗った早田はベンチ、客席からの力強い応援を背に怒涛の4連続得点で勝利を収めた。早田のまさに「守護神」(阿部主将)級の活躍で青学大は秋季リ-グ連勝スタートとなった。(寿)

チームの『守護神』として2度目の劇的勝利を収めた早田

◆今日の結果◆
青学大○4-3●淑徳大

大槻○3-2●山梨
    (8-11)
    (13-11)
    (6-11)
    (12-10)
    (12-10)

山崎●0-3○小野
    (7-11)
    (11-13)
    (11-13)

阿部・山﨑○3-0●阿部・吉田
        (11-4)
        (11-9)
        (11-5)

阿部○3-1●王
    (3-11)
    (11-8)
    (11-7)
    (11-6)

大槻・代●2-3○山梨・小野
      (7-11)
     (11-6)
      (11-9)
      (5-11)
      (3-11)

代●0-3○阿部
   (8-11)
   (6-11)
  (7-11)
  
早田○3-2●石川
    (11-5)
    (11-4)
    (8-11)
   (9-11)
    (11-7)


阿部主将コメント
「苦しかった。(淑大の)小野が2番、山梨が4番に来ると思って組んだオーダーだったが、違った。1番大槻のがんばりでチームが乗れた。最後はチームの守護神(早田)ががんばってくれた。(シングルス通算20勝達成について)9-7くらいから意識してしまって、『無欲で、無欲で』と言い聞かせていた。意識するとプレーを大事に持って行き過ぎてしまうので、ホワイトボードに貼られているオーダー表を見つめて『私が勝たないとだめだ』と思っていた。明日の東富大は、中国人選手がいる。厳しいとは思うけど、その人を食うぐらいの勢いで行きたい。明日は絶対にダブルスで2点取りたい」

大槻コメント
「早田がすごい。もうMVP。オーダーは山梨が4番だと思っていて、(当たると分かったときは)インカレと同じ組み合わせで正直、嫌だなと思った。試合中は手が震えて、終わったら開放感で涙が出た。結果論になってしまうけど、最初で勝てたのは(チームにとって)よかった。東富大は伝統のあるチーム。粘りがあって嫌らしいプレーをしてくるので、それに負けないようがんばりたい」

早田コメント
「(自分の連勝が)信じられない!最初2つ取って、強気で行こうと思っていたんだけどうまくいかなかった。自分で『強気で強気で』声に出していないと落ち着いてできなかった。試合内容はよく覚えていない。最後の4点は応援のおかげで取れた。明日も出番が回ってきたら、1年生らしくがんばりたい」

このページの先頭へ