関東学生1部秋季リーグ 対東富大  於 国立代々木第二体育館

◆今日のオーダー◆
1番 阿部恵(教育4年)主将
2番 山﨑知春(教育4年)副将
3番 阿部主将・山﨑
4番 大槻麻菜(史学4年)
5番 大槻・代瑞葉(フランス4年)
6番 早田知世(教育1年)
7番 代

 連勝スタートの青学大の今日の相手は春季2位で同じく開幕2連勝の東京富士大。大事な試合である今日の1番は阿部主将。昨日特別賞受賞を決めたが決して浮かれた様子はなく、いつも通りの力強い試合を展開して坂巻を下す。2番山崎副将は唐沢の多彩なサービスの前に主導権を握れずに敗れたが、3番の阿部主将・山崎副将のダブルスは相手を寄せ付けない試合運びで危なげなく勝利する。
 4番の大槻は2年生ながら通算14勝2敗という驚異的な勝率を誇る中国人留学生の刘を相手にリードを奪う場面を何度も見せたが善戦及ばずストレートで負けとなった。
 5番のダブルスは昨日までの2試合ともフルセットの末に敗れ、悔しい思いをしている大槻・代ペア。しかし今日は今まで以上に気迫を前面に出してのプレーを見せる。4連続、5連続とポイントを重ねあっという間に相手のエースペア坂巻・唐沢組をストレートで打ち破る。
 6番は早田。第1セットを終盤の連続失点で落とした早田だったが、既に今大会、青学大のニューヒロインとなっている勢いは止まっていなかった。第2セットでは強気の強打を取り戻し、追いつかれてもすぐに突き放す展開に持ち込む。このセットを11-7で奪うと、続く第3・第4セットも同様の展開で制して早田が3日連続で試合を決めた。春季リーグの上位3校を撃破した青学大は3連勝で単独首位に浮上した。(寿)

◆今日の結果◆
青学大○4-2●東京富士大

阿部○3-0●坂巻
    (11-3)
    (11-9)
    (11-7)

山崎●0-3○唐沢
    (7-11)
    (8-11)
    (8-11)

阿部・山﨑○3-0●高石・日高
        (11-2)
        (11-4)
        (11-4)

大槻●0-3○刘
    (8-11)
    (5-11)
    (7-11)


大槻・代○3-0●坂巻・唐沢
      (11-6)
  (11-4)
       (11-7)
 
早田○3-1●加能
   (5-11)
   (11-7)
   (11-7)
  (11-8)

阿部主将コメント
「東富大も全勝で勢いにのっているチームなのでオーダーが勝負だと思っていた。5番のダブルスが大きかった。今日はのっているなと感じて安心していられた。試合に出ない人でも意識を高く持って、全員が自分らしく試合に臨めた。明日の相手の中央大にはあまり良いイメージがないが、明日も初戦と同じ気持ちで向かっていきたい」

早田コメント
「(5番)のダブルスが勝ってくれたし、後ろ(7番)には先輩もいるのでなるべく勝ちを意識せずに、自分の試合をしたいと思っていた。ベンチの応援が精神的に非常に心強い。(好調の要因は)考えすぎずに1試合1試合に向かっていることだと思う。明日も自分の出番が回ってきたら1本1本丁寧に取っていきたい」

このページの先頭へ