福原・坂本ペアに挑む阿部恵(写真左)と兄・一博

全日本選手権  於 東京体育館

 大会3日目の今日、阿部恵(教育4年)とその兄・一博(リコー)ペアが混合ダブルス(以下、ミックス)の準々決勝に登場した。相手は昨年度ミックスチャンピオンの『愛ちゃん』こと福原(ANA)と坂本(協和発酵)のペア。
 第1セットを落とすも、第2セットは王者に引けを取らない卓球を展開した。「わざとタイミングをずらして打ったり、思ったよりも通用した」(阿部)。兄妹息の合ったプレーでテンポよく攻め、このセットを奪った。
しかし、その後2セットは福原・坂本にペースを奪われ、1-3で試合終了。「ちょっとした返球、つっつきでも色んな回転が掛かっている。上手いし、いやらしかった」と、その技術の高さに脱帽した。

 ベスト8について「完ぺきに悔いはない」と笑顔で振り返る。「私たちは強い同士で組んでいる訳じゃない。どうしたらお互いの取りやすいところにボールが来るか、そればかりを考えて練習した」。兄とペアを組み、正月からは毎日ミックスの特訓をしてきた。準々決勝までの3試合すべて『ストレート勝ち』という結果は、努力が実を結んだ証だった。

 しかし、一方のシングルスは、初戦である2回戦で加藤(就実高)に2-3でまさかの敗戦。右利きと戦うときは、自分にとって返しやすい場所は相手にとってのチャンス。逆に相手の嫌がるコースは、左利きも打つのが難しい。「左利きの利点を活かせていない。完全に実力不足でした」と涙を呑んだ。また高森夕布(教育3年)と立岩美季(教育1年)は1回戦で、代瑞葉(フランス4年)と早田知世(教育1年)は2回戦でそれぞれ敗れた。

 勝ち残ったのは、ダブルス高森・加藤ペアと早田・西ペア。明日はダブルスでシードの阿部・山﨑知春ペア、シングルスではスーパーシードで山﨑と大槻麻奈(史学4年)が登場する。(萌)


阿部コメント
「ミックスは思ったよりもできた。コース取りを決めて、サイドならサイド、角なら角に来るように徹底できれば兄も思いきりできたけど、(ボールを)入れるのが精一杯でそういうレベルじゃなかった。完ぺきに悔いはない。シングルスはこれが実力。自分が一生懸命やってきたと思うのなら、負けちゃいけない。強い選手が勝つのではなく、勝った選手が強い。まだまだ自分に甘い」

◆今日までの結果◆
女子シングルス
1回戦
代○3-0●石田(ピンポン館)
早田○3-1●倉田(浜松開誠館高)

高森●0-3○須磨(就実高)
立岩●1-3○亀石(徳地中)

2回戦
(シード)阿部●2-3○加藤(就実高)
代●1-3○堀部(専大)
早田●1-3○岡田(朝日大)

女子ダブルス
1回戦
高森・加藤唯(3年)○3-0●島川・平野(広島日野自動車)
早田・西(大正大)○3-1●武田(駒場クラブ)・山口(所沢レディース)

2回戦
高森・加藤○3-0●園田(鹿児島城西高)・高山(日置茶恋知高)
早田・西○3-2●吉國・鈴木(札幌大谷中)

3回戦
高森・加藤○3-2●河村・東郷(日立化成)
早田・西○3-2●平田・土田(明徳義塾高)

混合ダブルス
シード2回戦
阿部・阿部(リコー)○3-0●阿部(TEAM☆ZERO-1)・一野(日女体大)

3回戦
阿部・阿部○3-0●堀田(近大)・上坂(中国電力)

4回戦
阿部・阿部○3-0●石田(秋田卓球会館)・西田(秋田銀行)

準々決勝
阿部・阿部●1-3○坂本(協和発酵)・福原(ANA)

※最終結果
混合ダブルス 阿部恵・阿部一博 ベスト8(ランキング7位)

このページの先頭へ