強い眼差しを見せる早田

関東学生1部春季リーグ 対淑徳大  於 代々木第二体育館

◆今日のオーダー◆
1番 立岩美季(文2年)
2番 仲川美穂(文3年)
3番 高森夕布(教育4年)主将・早田知世(教育2年)
4番 早田
5番 仲川・立岩
6番 高森主将
7番 加藤唯(日文4年)

◆結果◆
青学大●1-4○淑徳大

×立岩 1(11-9、6-11、6-11、3-11)3 山梨
×仲川 0(5-11、9-11、8-11)3 石垣
×高森・早田 0(8-11、5-11、8-11)3 山梨・石垣
○早田 3(11-8、18-16、11-9)0 前原
×仲川・立岩 1(11-6、8-11、7-11、7-11)3 阿部・石川


 開幕から5連敗で1部残留へ後がない青学大。6日目は昨年度秋季王者の淑徳大と対戦した。1番立岩は第1セットを奪うも第2セット以降を続けて落とし敗れる。2番仲川は、インターハイ3位の実績を持つ淑徳大のルーキー石垣にストレート負け。3番は高森・早田ペア。勝利への執念を見せ、気合いの入ったプレーを続けたが敗れ、チームは崖っぷちに立つ。

 迎えた4番早田は第2セットを18-16で1点を争う接戦を制し、そのままの勢いで勝利し次へとつなぐ。5番仲川・立岩ペアも第1セットを取り流れに乗ったと思われたが、その後の3セットをたて続けに落として万事休す。この試合の敗戦と共に今季の最下位が決定した。

 全国優勝の歓喜から1年後の2部降格という悪夢。少人数・経験不足の中それぞれが健闘を見せたが、今季1度も輝きを見せられないまま青学大は慣れ親しんだ代々木のコートを去ることになった。(寿)


小鷹好夫監督コメント
「1番の敗因は経験不足だが、もう少しできたはず。日頃からの自分に厳しくメンタル面の強化が必要になってくるし、そのような努力をしなければならない」

このページの先頭へ