今季もチームの柱だった早田。悔しさが残るシーズンとなった

関東学生1部春季リーグ 最終戦 対中大 於 代々木第二体育館

◆今日のオーダー◆
1番 才津彩奈(1年)
2番 早田知世(教育3年)
3番 仲川美穂(教育4年)主将・才津
4番 仲川主将
5番 早田・藤田麻希子(教育1年)
6番 藤田
7番 又刈弓江(文4年)

◆結果◆
青学大●2-4○中大

○才津 3(9-11、11-1、11-9、8-11、11-9)2 田中
○早田 3(11-6、12-10、11-7)0 雲丹亀
×仲川・才津 1(11-9、6-11、3-11、4-11)3 中島・坂本
×仲川 0(6-11、6-11、7-11)3 根本
×早田・藤田 0(8-11、7-11、8-11)3 岡野・根本
×藤田 1(11-7、8-11、7-11、8-11)3 中山


 降格に崖っぷちで迎えた最終戦。敗れた方が2部降格という過酷な試合に臨んだ青学大だったが降格回避はならなかった。

 1番・才津がリーグ戦初勝利を挙げて幸先よくスタートした青学大。続く早田も快勝して2ポイントのリードを奪う。3番仲川主将・才津ペアも第1ゲームを制して一気に勝利へ突き進むかと思われたが、第2ゲームの出だしで5連続失点を喫すると、これを機に流れが完全に変わる。中大の猛攻を受けてこのダブルスの試合だけでなく、4番・仲川主将のシングルス、5番・早田・藤田ペアも敗れて追い込まれてしまう。大きなプレッシャーがかかった6番・藤田。この場面で今季全試合に出場してきたルーキーは、第1ゲームを奪ったが中大に1度傾いた勢いを取り戻すことはできず。1-3で藤田が敗れ、青学大の2部降格が決まった。

 復帰後、即降格という結果になってしまった春季リーグ。来季は再び2部での戦いになる。現行ルールでは1部最下位は自動降格となるため、ただ昇格するだけではなく『1部で1勝できる力』をつける必要がある。春季・秋季合わせて21回の優勝を経験し、2年前に日本一となった青学大になら、できない目標ではないはずだ。(寿)

小鷹好夫監督コメント
「戦力的には昨年の方が上だったが、向かっていく気持ちは今年の方があった。ただ、実力不足は否めない。まず攻撃の安定性が足りない。先手を取った方が勝つ可能性が高いのだから、そこを意識していかないと。サーブ、レシーブの強化を重視したい。しっかり力をつけないと昇格・降格の繰り返しになってしまう」

仲川主将コメント
「(今季同様に降格となった)昨年の春季よりは大分雰囲気が良かったが… 自分が2点取れていれば違った結果だっただけに悔しい。今は1年生が4年生になったときに1部で優勝できるように、長い目で見ている。凡ミスの多さが課題として残った」


◆第5戦・6戦の結果◆
~第5戦~
青学大●2-4○東富大

×藤田 0(10-12、6-11、7-11)3 徐
○早田 3(11-6、3-11、11-2、11-9)1 伊積
○仲川・才津 3(11-6、11-13、11-8、3-11、11-4)2 加能・原田
×才津 1(13-11、8-11、6-11、3-11)3 池田
×早田・藤田 0(4-11、5-12、9-11)3 伊積・池田
×仲川 1(11-13、11-6、3-11、4-11)3 園田

~第6戦~
青学大●0-4○淑徳大

×早田 0(5-11、4-11、7-11)3 王
×又刈 0(5-11、3-11、5-11)3 石垣
×早田・藤田 1(3-11、11-9、10-12、11-13)3 大庭・石垣
×仲川 1(1-11、5-11、11-7、5-11)3 阿部

◆1部リーグ最終結果◆
 優勝 淑徳大 7勝0敗  3季ぶり12回目の優勝
 2位 早大   6勝1敗  
 3位 日体大 4勝3敗
 4位 東富大 4勝3敗
 5位 大正大 4勝3敗
 6位 専大   2勝5敗   
 7位 中大   1勝6敗  日大(2部優勝)との入替戦へ
 8位 青学大 0敗7敗  2部へ自動降格
 ※3位~5位は当該校の直接対決の結果による


このページの先頭へ