嶋川とのダブルスでチーム唯一の勝利を挙げた富岡

関東学生2部春季リーグ 最終戦 対東洋大 於 東村山スポーツセンター

◆今日のオーダー◆
1番 中村辰也(法学3年)
2番 西沢潤(1年)
3番 嶋川賢(教育4年)
4番 嶋川・富岡翼(経営3年)
5番 富岡
6番 加藤伸洋(経済4年)主将
7番 伊藤哲(社会情報2年)

◆結果◆
青学大●1-4○東洋大

×中村 1(11-8、5-11、9-11、4-11)3 渡邊
×西沢 0(3-11、7-11、11-13)3 松原
×嶋川 0(8-11、5-11、7-11)3 須保
○嶋川・富岡 3(11-8、11-6、11-8)0 渡邊・横幕
×富岡 1(5-11、4-11、11-9、8-11)3 佐久間


 ここまで4戦を終えて1勝3敗の青学大。すでに2部残留は決まっている状況ではあるが、さらに白星を増やすべく、同じく1勝3敗の昇格組・東洋大と対戦した。

 2部では先輩格にあたる青学大だが、序盤から試合は東洋大ペース。1番・中村が1ゲームを奪った以外はゲームを奪えず、あっという間に3人連続で敗れる。後がなくなった青学大は4番の嶋川・富岡ペアが意地のストレート勝ちを見せるも、続く5番・富岡が敗れて試合終了。東洋大の勢いに飲まれてしまって今季2勝目とはならなかった。

 昨秋に続いて5位に終わった青学大だが、大会前から「戦力的に厳しい状況だった」と小鷹好夫監督・加藤主将が声を揃えただけに2部残留という結果を出したことは大きい。来季に向けて、選手それぞれのレベルアップが期待される。(寿)

小鷹監督コメント
「正直、実力的には最下位やむなしと思っていた。慶大に(劇的な展開で)勝てたのは奇跡。とはいえ、上位校との差が大きくあるわけではない。今日に代表されるように気持で負けている部分がまだ見られる。対外試合を増やすなどして『意識改革』を行わないといけないだろう」

加藤主将コメント
「昨年の先輩が抜けて戦力的には厳しかったが選手それぞれがよく頑張ったことで残留できた。(勝利した慶大戦は)1番から3番を取られて厳しかったが、あきらめないで気持で勝った。(青学大は)そういう気持ちをいつも出していけないチーム。秋までにサーブレシーブなどの細かい技術の向上をはかって、1勝でも多く、2部の上位争いができるようになりたい」


◆第4戦までの結果◆
~第1戦~
青学大●1-4○日体大

~第2戦~
青学大●1-4○日大

~第3戦~
青学大●0-4○法大

~第4戦~
青学大○4-3●慶大

このページの先頭へ