健闘し、1点を取った城戸

関東学生秋季リーグ 対淑徳大 於墨田区総合体育館

◆出場選手◆
藤田麻紀子(教育3年・主将)
才津彩奈(史学3年)
金江夏美(英米文学2年)
城戸佳織(フランス文学2年)
王舒(経営1年)

◆結果◆
青学大●1-4○淑徳大

王1(5-11、11-8、10-12、11-13)3石垣優香    
城戸3(5-11、11-2、8-11、11-9、11-7)2白鳥舞   
藤田・才津0(4-11、7-11、9-11)3石垣・大庭咲陽子 
金江1(11-7、3-11、11-13、3-11)3松澤茉里奈 
金江・城戸0(7-11、5-11、10-12)3白鳥・松澤

 リーグ第4戦目、これまで健闘するも僅かに及ばず白星を逃してきた青学大は、強豪・淑徳大に挑む。この試合トップのエース・王は、淑徳大・主将の4年生選手を相手に、立ち上がりに苦戦する。それでも2ゲーム目からは競り合い、互角に戦う。惜しくも1点獲得にはつなげることができなかった。
 続く城戸は序盤、なかなか打ち返すことができず。その後、連続得点で差をつけ、1ゲームを制す。淑徳大も気を緩めず接戦となるが、終盤相手のミスを誘い、城戸が青学大の1点を得る。
 藤田主将と才津の3年生ダブルスは、淑徳大の得点源のペアとの対戦となる。中盤には接戦に持ち込むものの、相手の勢いに終始劣勢となってしまう。次こそ1点を取りたい青学大は、金江が序盤から流れをつかみ1ゲームをとる。ところがその後、少しずつ相手の勢いに押されていき、1点をのがしてしまう。
 金江・城戸のダブルスは、相手の連続得点に少しずつ差をつけられてしまう。最後は10-10まで持ち込むものの、惜しくも得点ならず。
 この試合、あと一歩のところで相手の猛攻撃を受け、1勝とはならなかった。しかし強豪・淑徳大に対し、力戦をみせた青学大。残す3試合では白星獲得を狙う。(中居紅美)

ベンチでもチームを鼓舞し、チームをまとめる藤田主将(右)と才津
藤田主将コメント
「相手が強いことはわかってましたが、勝てるという気持ちでいきました。(淑徳大は)昨日負けてるので、気合もさらに入って来ると思ってました。でも1番でエースが負けてしまいましたが2番で点を取れたので良かったです。(力の差は)競ったときに、絶対取れる戦い方がやっぱり違います。(相手は年上である4年生もいましたが)4年生は最後のリーグで勝たなきゃという気合があると思います。青学は4年生はいませんが、勝たなきゃいけないという気持ちは同じなので、そこはあまり気にしていませんでした。(今季は)春よりは戦えてると思います。ストレート負けがあまりなくて、結構粘れているので。残り3試合で、2勝以上はしたいと思います」

このページの先頭へ