試合の流れを変えた金江(左)・城戸ペア

関東学生秋季リーグ 対東京富士大 於代々木第二体育館

◆出場選手◆
藤田麻紀子(教育3年・主将)
才津彩奈(史学3年)
金江夏美(英米文学2年)
城戸佳織(フランス文学2年)
王舒(経営1年)

◆結果◆
青学大●2-4○東富大

王3(5-11、12-10、11-9、9-11、11-6)2暴小雨    
城戸1(6-11、4-11、11-5、6-11)3池田好美   
藤田・才津0(10-12、7-11、8-11)3原田智美・伊積ひかり 
金江0(9-11、1-11、9-11)3平野容子 
金江・城戸3(9-11、6-11、13-11、12-10、11-9)2池田・平野
才津2(11-7、11-13、11-6、5-11、7-11)3伊藤

 リーグで白星を一つもつかめていない青学大にとって、大切な一戦だ。対する東京富士大は2勝3敗ではあるが実力のあるチーム。両者譲らず、試合は3時間以上に及んだ。
 トップの王が、序盤思うように攻められず苦戦するがすぐに持ち直し、安定して点を取りにいく。この試合最初の1点を取り、順調な立ち上がりを見せる。2番、淑徳大戦で力戦した城戸は、連続して相手に攻められる。中盤から、要所でポイントを得るものの、1―3で1点を取れず。
 続く藤田主将・才津のペアは好調に接戦に持ち込む。しかしあと少しのところで相手に攻められ得点をのがしてしまう。4番、金江は出だしから応戦するが、途中なかなか優勢をつくり出せず、終始相手のペースとなってしまう。
 1-3で、もう後がない青学大。金江・城戸ペアが挑む。序盤は接戦の末、最後に相手にポイントを取られる展開が続く。しかしそこから上手く立ち直り、3-2で大きな1点を得る。続く5番、才津が1点を取り、ラストの藤田主将に繋ぎたいところ。才津は疲れも見せず、果敢に攻める。しかし終盤に入り、相手の勢いにのまれてしまう。惜しくも2-3で得点ならず。
 2-4で黒星となってしまった青学大だが、明日の日大戦に勝利すれば、自動降格は免れる。4年生のいない若いチームだが臆することなく勝負に挑む。(中居紅美)

藤田主将コメント
「全敗していて、今日は相手も強いけど、最初っから向かっていこうと話していました。思っていたよりは競れたのでよかったです。けど最後はやっぱり相手が強いなって。5番から挽回したので、そこからチームの雰囲気が変わって粘れたので良かったです。日大が今日負けたので、明日青学大が勝てば、まだ一部残留のチャンスがあるので、頑張りたいと思います」

ルーキー・王
王コメント
「応援してくれる人がいっぱいいて、みんなのためにどうしてもこの一点取りたかったです。自分としてはまたやられるんだろうと思って、自分の出せるものすべて出し切ろうと思ってやりました。明日はリーグ最終日なので、みんなで1点1点とれるよう頑張りたいと思います」

このページの先頭へ