3年生ペアでチームを鼓舞する才津(左)、藤田主将

関東学生秋季リーグ 対日本大 於代々木第二体育館

◆出場選手◆
藤田麻紀子(教育3年・主将)
才津彩奈(史学3年)
金江夏美(英米文学2年)
城戸佳織(フランス文学2年)
王舒(経営1年)

◆結果◆
青学大●1-4○日大

王3(12-10、9-11、11-6、11-6)1田中千穂  
城戸0(5-11、7-11、4-11)3馬文ティン  
藤田・才津2(11-4、4-11、8-11、11-9、10-12)3原田智美・伊積ひかり 
才津2(3-11、13-11、11-8、6-11、7-11)3平野容子 
金江・城戸1(6-11、11-13、11-5、14-16)3池田・平野

 リーグ第7戦目、青学大は負ければ自動的に2部降格となってしまう。条件は対する日大も同様だ。両者は終始、粘りの力戦をみせ、惜しくも青学大が1部から姿を消すこととなった。
 トップの1年生エース王は安定して連続ポイントを取り、3-1で青学大がリードのスタートとなった。しかし2番城戸は、相手のペースにのまれてしまう。なんとかくらいつくものの、1点を取れず。1-1で、3番藤田主将、才津のペアを迎える。第1セットは青学大のペースで攻める。しかし第2セット、今度は相手のペースのまま、思うように攻められず。その後は接戦が続くが、最後に相手にポイントをゆるしてしまい、3番は2-3で惜しくも青学大に加点することができない。
 続く才津も接戦に持ち込む。第1セットは相手にやられてしまうが、その後2、3セットを奪う。ところが相手の反撃に手が出ず、これも惜敗してしまう。5番、金江、城戸のペア。ここで何としても点を取りたい。序盤相手の勢いに押されてしまうが、徐々に青学大は接戦に持ち込む。第3セットで11-5、反撃をしかける。第4セット、両者連続ポイントをゆるさず、シーソーゲームに。どちらが勝ってもおかしくない状況で、最後は相手にチャンスを与えてしまい、14-16で得点ならず。
 最後まで気の抜けない戦いが続き、惜しくも白星をのがしてしまった青学大。今季リーグ、1勝もできないまま、自動降格となってしまった。

リーグを8位で終える
藤田主将コメント
「3番のダブルスを落としちゃって。3番からは全部競ってから負けてしまったので、最後勝ちきれない部分があり、そこが精神面の弱さが出てしまったかなと思います。相手もすごく練習してきているので、最後競ったときに強かったと思います。日大は1年生が2人戦力になる選手が入ってるのと、青学は去年の秋勝っているので勝てるんじゃないかっていう甘さがあったと思います。春は2部なので、全勝して、秋にしっかり1部で戦えるようにしたいです」

このページの先頭へ