関東学生対校選手権 第3日於日産スタジアム


関東インカレ3日目も熱い戦いが繰り広げられた。青学大は、女子が4×100メートルリレーで悲願の優勝を果たすなど、本日も会場を沸かせる活躍を見せた。

4×100mR
昨年度は、惜しくも準優勝に終わっていた4×100メートルリレー。午前中に行われた準決勝を勝ち抜いて、順当に決勝へ駒を進めた。
本番でも、予選・準決勝と同様、冷静にレースを進め危なげなくバトンを渡していく。そして昨年度、優勝の中大との一騎討ちに。アンカーを任された一1年生の島田は、接戦を競り勝ちトップでゴールを通過した。1着で青学大の名前がコールされ喜ぶ島田。青学大がついに4継で初優勝を勝ち取った。

メンバーコメント
一走・小川
「一走を走ることに対する不安がとてもありました。ただ、早貴先輩(ニ走 鳥原早貴)に少しでも早く渡そうという気持ちがあったので、ちょっとしたバトンのミスがありながらも、ある程度スピードがある中でバトンを渡せたのが良かったです。」

二走・鳥原
「予選、準決勝とメンバーがそれぞれに変わってきた中での決勝だったが、全員が気持ちを一つにし、それぞれの役目を果たすことができたので、それが勝因になったと思います。」

三走・畑澤
「まさか、出るとは思ってもみなかったので、レース前は全身を叩いて気合を入れました。レース中は先輩を信じ、四走の沙絵(四走 島田 沙絵)を信じて走り切りました。」

四走・島田
「監督に混戦になると言われていたので、レース前は緊張していました。予想通り後ろから選手が迫ってきているのが分かり緊張しましたが、先輩と桃香(3走 畑澤 桃香)がいい位置で持ってきてくれたので、優勝することができました。」


3000mSC
長距離で活躍が光ったのは西村だ。3000SCで唯一決勝まで進んだ西村は、青学大の期待を受けスタートした。
序盤は集団の後ろで周りの様子を伺っていたが、中盤にかけてポジションを上げていく。他大の選手と熾烈な入賞争いを繰り広げるが入賞ラインをキープし、7位でフィニッシュした。タイムも8分40秒台の好タイム。大きな駅伝では出番がなかったが、昨年度の関カレ同様、今年度も関カレという大舞台で西村が結果を残した。


西村コメント
「最後二人抜けるところで抜けなかったので点数をつけると90点くらいです。体が重くて不安はありましたが、最後の方は動いてきたので良かったです。予選で2位通過できたということもあり2位を狙ってたんですけれど、1部ということもあり、途中で目標を入賞に切り替えました。調子の良かった後輩が予選落ちしてしまったので、後輩の分も走らなくちゃなと思いました。入賞できてホッとしています。タイムについては大幅に自己ベストが更新できて自分でもビックリしています。今後も自己ベストを更新して、チームの主力に絡んでいければと思います。」

いよいよ明日最終日を迎える関カレ。女子4×400リレーや男子5000メートルなど優勝や入賞が期待される種目が残っている。青学大の活躍に注目だ。(市川雄一朗)

◆結果◆
~男子~
【1部800m予選】
4組8着 木村優仁(4年) 1分57秒25=決勝進出
【1部400mH予選】
5組7着 田口智久(3年) 55秒08=決勝進出
【1部3000mSC決勝】
7位 西村厚志  8分48秒28

~女子~
【1部200m 予選】
3組4着 畑澤桃香(1年) 25秒78 =予選敗退
4組1着 鳥原早貴(4年) 24秒41 =準決勝進出
5組3着 小川梨花(3年) 25秒28 =準決勝進出

【1部400mH予選】
1組1着 小野木桃子(4年) 1分02秒11=準決勝進出
2組6着 大森七瀬(3年)   1分05秒00=予選敗退
3組2着 梅元里奈(2年)  1分02秒99=準決勝進出
【1部400mH準決勝】
1組5着 小野木桃子(4年) 1分02秒93=準決勝敗退
2組8着 梅元里奈(2年)  1分06秒58=準決勝敗退
【1部4×100mR決勝】
1位 小川梨花(3年)→鳥原早貴(4年)→畑澤桃香(1年)→島田沙絵(1年) 46秒38
【走幅跳 決勝】
5位須田有加 5m85

関連:【陸上競技】関カレ 1日目 久保田・鈴木入賞!!
【陸上競技】スーパールーキー藤森、100mを制す!


このページの先頭へ