%E3%80%90%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%80%912014%E5%90%88%E5%90%8C%E5%8F%96%E6%9D%90%20005.JPG

第91回東京箱根間往復大学駅伝競走  於 大手町⇔芦ノ湖


12月29日、来年1月2、3日に行われる東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の区間エントリーが発表された。


◆区間エントリー◆
1区 秋山雄飛(国2)
2区 一色恭志(営2)
3区 渡邉利典(史3)
4区 山村隼(法3)
5区 神野大地(総3)
6区 村井駿(情3)
7区 小椋裕介(社3)
8区 山田学(国4)
9区 渡邉心(教3)
10区 安藤悠哉(教2)

〈補欠〉
高橋宗司(教4)
藤川拓也(国4)
久保田和真(教3)
下田裕太(教1)
田村和希(営1)
中村祐紀(国1)

※箱根駅伝では、補欠メンバーから最大4名のメンバー当日変更が認められている。


【注目選手が補欠にエントリー】
原晋監督が「4本柱」と称し、チームの主軸である藤川主将と久保田が補欠にエントリーされた。両者は全日本大学駅伝対校選手権(全日本駅伝)で好走し、その後の10000m記録挑戦会でそろって自己ベストを更新する調子のよさを見せていただけに欠かせない戦力だ。さらに一昨年度の箱根駅伝で区間賞を獲得した高橋や、世田谷246ハーフマラソンで藤川主将に次ぐ2位に入賞したルーキーの田村らも補欠にまわっており、当日の区間配置に注目である。

%E9%96%A2%E3%82%AB%E3%83%AC%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%97%A5%20034.JPG

【学生トップランナー集結】
各校のエースが集まる花の2区を今大会は一色が任された。村山兄弟(駒大・城西大)、山学大・オムワンバ、東洋大・服部勇、明大・大六野など学生陸上界をけん引する逸材がそろい踏み。また、前回大会で区間賞を獲得した早大・高田も2区に配置されており、拮抗したレース展開が予想される。

%E9%96%A2%E3%82%AB%E3%83%AC%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%97%A5%20002.JPG

【“山の神”誕生なるか】
往路優勝、そして総合優勝のカギを握る5区の山登り。実績がある経験者、早大・山本や駒大・馬場らが配置された。青学大は、「山の大地をしっかりとらえて、柏原越えを狙って77分50秒を目標に走ってほしい」と原監督が期待を寄せる、エースの神野がエントリー。持ち前の粘り強さでどこまで記録を伸ばせるか。“山の神”が青学大から誕生するのか関心が集まっている。

%E3%80%90%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%80%912014%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%A7%85%E4%BC%9D%20095.JPG


箱根駅伝まで残すはあと3日。ひたすらに優勝を目指してやってきたこの1年の力を発揮する時がようやく来た。悲願の初優勝へ、戦いの火蓋は切られた。(原しおり)

[お知らせ]青山スポーツ第54号をお読みいただいた皆さま、特別送付にお申込みいただいた皆さま、誠にありがとうございました!特別送付はまだまだ受付中ですのでご希望の方はaoyamasports@hotmail.comに住所とお名前を明記の上、ご連絡ください。お待ちしております!

%E9%9D%92%E3%82%B9%E3%83%9D54%E5%8F%B7%EF%BC%91%E9%9D%A2.jpg


このページの先頭へ