20150411%20%28271%29.jpg

関東大学サッカー2部リーグ 第2節 於 県立保土ヶ谷公園サッカー場

◆結果◆
青学大●1-3○日体大
(前半)1-1
(後半)0-2

◆スターティングメンバー◆
GK 1山田修平(4年)

DF 16森下洋平(2年)
5澤井政樹(4年)
3御牧建吾(3年)
18花村颯太(3年)

MF 10伊藤光輝(3年)
28瀬川泰樹(1年)→58分 27三田真也(3年)
11恵龍太郎(4年)→HT 23窪園大地(2年)
6飛田泰平(3年)
7荒木大吾(4年)

FW 32室井晃希(4年)→83分 17角宮健介(4年)


前節、朝鮮大相手に引き分け、今節こそ白星を手にしたい青学大。しかし結果は1‐3と敗北。勝ち点を奪うことはできなかった。

試合はすぐに動いた。
6分、セットプレーを獲得。花村が蹴った低いボールは壁に当たるもゴールへ吸い込まれる。
先制し、このまま勢いに乗りたい青学大。

9分にはハーフウェイラインでボールを持った恵がドリブルで相手陣内へと持ち込み室井へパス。

20150411%20%2849%29.jpg

室井が放ったボールはわずかにゴール枠を捉えることができなかった。

20150411%20%2855%29.jpg

20150411%20%2857%29.jpg

20分にもセットプレーを獲得し、荒木が蹴ったボールを花村がヘッドで合わせるも惜しくも上へとふかす。

20150411%20%2888%29.jpg

20150411%20%2890%29.jpg

だがここから相手の攻撃を受ける形が続く。
30分、失点し同点に追いつかれる。

42分にはCKを得るも、伊藤が蹴ったボールはキーパーの右手に弾かれてしまった。

20150411%20%28189%29.jpg

このまま1‐1で前半は終了。

20150411%20%28213%29.jpg

後半は立ち上がりから日体大に主導権を握られ、なかなか思うようにプレーできない。
54分、58分と立て続けに失点を許す。

71分、CKを獲得。荒木の蹴ったクロスに花村がヘッドで合わせるも流れ、最後は澤井が左足で押し込むがキーパーにセーブされゴールを割ることができない。

20150411%20%28293%29.jpg

20150411%20%28295%29.jpg

この後も大きなチャンスを迎えることなく試合は終了。

20150411%20%28313%29.jpg

日体大相手に敗北し、今期初勝利とはならなかった。
次節は関東学大と対戦する。ここでしっかり勝利し波に乗ってきたい。(瀧川真由)


福永監督コメント
「こんなにひどい試合を応援に来て下さった方々に見せるのはとても心苦しかったです。相手のフィジカルが強いのかうちのフィジカルが弱いのかというところなんですけれど、気持ちでも負けているしフィジカルでも負けているし、相手を恐れて試合していては次も勝てるわけがない。それに自分たちの目標も達成できないと思います。HTでは、1点先制したので少し気持ち的に受け身に回っていてその状況で試合を進めたらやられるよということを伝えました。あとは、相手がこういう状況で来るからこういうことをしようという話もありました。でも自分たちのスタイルから離れた部分なので、いろいろ入念に話して選手たちを送り出したのですが、自分たちのスタイルを追わずにノーリスクでという状態でプレーしていたのでメンタル的に弱いと見ていて感じました。自分たちのスタイルと相手のやり方を柔軟に取らなければいけないと思いました。今回試合してみて、全部改善しなければいけないですね。本当に情けなかったので、自分がやるっていう部分で積極的にボールにかかわるということをしていかないといけないし、1対1の中で負けてしまうとゲームにならないので、責任感を持ってやってもらえることを次に期待しています。次節は連戦ということもあるので選手の入れ替えを考えます。自分たちもそうですけれど、見に来てくれた人に見に来てよかったと思ってもらえるようなことを表現していきます。今日の反省点を修正して次に挑みたいと思います」


荒木選手コメント
「完敗でした。相手はやることをしっかりやっていて、自分たちはそれを対処出来なかったので自分たちのよさが消されていたと思います。日体大はそんな簡単に勝てる相手ではないと思っていたので、先制した後に2点目がすぐ取れればよかったのですが、出来ずに逆に相手にしてやられたという印象です。青学には改善すべき点がいっぱいあります。特に守備です。1対1が弱いという以前に、どういう風に守っていくかという形がないですし、ボールをどこで奪うかなどの連携も出来ていない。こういったことを直していかないと、いつまでもズルズルいってしまうと思います。またすぐに試合があるのでここで気持ちを落とすことなく、守備を意識して勝ちにいきたいと思います」


花村選手コメント
「相手に全部やられたという感じです。前半から自分たちが受け身になってしまったところで相手のペースで持っていかれてしまったし、後半の立ち上がりも相手がとても勢いがついていたので、それに自分たちが負けたという感じです。立ち上がりは先週もできて、今節も悪くなかったと思うのですが、そこから相手がボール持つのが長くて自分たちのやりたいことができなかったです。(点を振り返って)勝ちたかったというのが本音です。HTでは1点取れば状況が変わるから、とにかく勝利を目指して頑張ろうという話をしていました。(次節へ向けて)初勝利を目指して頑張りたいと思います」


このページの先頭へ