◇第34回総合関関戦◇6月17日◇関学大洋弓場◇

 男女の合計得点で勝敗が決まる関関戦。関大は女子が2758―2935と敗れるも、男子が4812―4302と見事勝利。その結果、総合得点が7570―7237で関大にとって貴重な一勝となった。
 新体制で挑む今試合には、オープン参加の2名を含め7人体制での試合となった。 まず50㍍では、第1エンドから45点以上の高得点を出せず苦しいスタートとなった。中盤になってもなかなか得点が伸びず、1235―1319と関学大に大差をつけられる。
 続いて行われた30㍍でも、点差を縮めることができない。しかし、第3エンドでは、女子主将の戸田が自ら、58点をたたき出す。その後も自分たちのペースで投射し続け、結果は2758―2935で女子のみの得点では敗北を喫した。
 「団結して声を出して試合をすることができた」(戸田女子主将)。新たなメンバーでさらなる高みを目指す。

▼戸田女子主将
「新しいチームでの初試合で緊張していた。でも、団結して声を出して試合することができていたのはよかった。試合の途中で少し元気がなくなってしまったのがよくなかった。関学との対戦から学ぶことが多い。みんなで高めあっていけるチームなので、これから頑張っていきたい」

このページの先頭へ