IMG_0479.JPG

◇関西学生リーグ戦第4節対龍大◇6月2日◇関西大学凱風館3Fボクシング場◇

関大6-3龍大

 ここまで無敗の関大。昨年、惜敗を喫した龍大相手にも勢いそのままに立ち向かっていく。

 まずLF級に登場したのは、主将・寺地。手数多い相手にガードを固め、ボディに重い1発を打ち込んでいく。終始、寺地優勢で試合を進めていき、相手はガードしきれない。3Rにダウンを2つ奪い、5-0で圧勝のポイント勝ちを収めた。
 F級には山本が登場。今季リーグ初出場となる彼。1Rから足をよく動かし、相手を翻弄する。相手の隙を狙って打ち込んでいくも、1、2と続かず単発の攻撃のみになる。調子をつかみきれず、1-4で敗北を喫した。そして続くB級に登場した守屋も同じくポイント負けしてしまう。
B級2人目として登場した藤井は、パンチを上下に散らす多彩な攻撃を見せる。近い距離での白熱した打ちあい中で、相手がガードを外した瞬間を狙って、攻撃を仕掛けていく。3Rにはダウンをとり、完全に試合をものにした。結果4-1でポイント勝ち収める。

 ここで龍大に2-2とならんだ関大。先に1勝が欲しい場面で、L級1人目として長澤が出場。低い姿勢から積極的に攻めていくも、大きなフリになってしまう。しかし3Rには修正し、自分から仕掛けていく姿勢で5-0と快勝を収めた。
 L級2人目に出場した酒井は、1Rから激しい攻防を繰り広げる。足を動かし、隙を見計らった重い一発を入れていき、確実に相手の体力を奪っていく。結果3-2で接戦をものにした。
LW級の正木は冷静な試合運びを見せ、早いパンチで相手を寄せ付けない。3Rに圧巻のRSC勝ちを収める。続くW級に出場した大口は闘志あふれるボクシングを見せる。2Rには連打でダウンを2度とり、相手サイドからタオルが投げ込まれる。棄権勝ちを収め、仲間を振り返る顔には、笑顔が浮かんだ。最後はM級・金。長いリーチを活かした攻撃を仕掛けていくが、0-5でポイント負けを喫してしまった。

 結果6-3と快勝し、昨年の借りを返した関大。次節がリーグ最終節となる。全国の舞台へ――。チームの思いは一つにまとまった。

▼寺地主将
「(今日の試合は)個人ではあまり良くなく、悔しい。しかし全体では勢いに乗ってくれた。B級から勝ってL級も取れたのが大きかった。L級で勢いに乗った。自分が勢いを作り、このままの勢いで全勝して優勝する」
▼酒井
「相手も強く苦戦したが、気持ちで負けない、ここが大きかった。試合前から強いと聞いていたが、試合が始まったら吹っ切れた。次勝ったら全国。チームも自分も勝つ」

このページの先頭へ