◇第32回総合関関戦・前哨戦◇6月6日◇名阪スポーツランド◇


 選手3人の合計タイムで勝敗を争う関関戦。4年生が出場できないため、関大はエース・鎌野主将を欠いた苦しい戦いとなった。

 第1走者の重田は第1ヒート、第2ヒートともスタートから好走。全体のトップとなる44″09のタイムを残し、チームを勢いづけた。
 第2走者の平井は、安定した走りでまとめ上げミスなくゴール。45″89と重田に次ぐタイムとなった。
 最終走者の田中は慎重な走りを見せるものの、思うようにタイムが伸びない。51″11と悔しい結果となった。
 
 両校の走行が終わり関大が141″09、関学大が140″50。わずか0″59秒差で涙をのんだ。


▼鎌野主将
「今までの経験の違いが結果に出てしまった。勝ってほしかった。課題はいっぱいある。運転技術やメンタルの弱さ。突きつめて真剣さをもってやっていかないと。(チームの)現状に気づいた。自分が一員という気持ちで、次は“勝つぞ”と思ってほしい」


【関西大学】

重田 44″09

平井 45″89

田中 51″11


合計 141″09


【関西学院大学】

 辻  46″22

伊東 48″33

官能 45″95


合計 140″50

このページの先頭へ