◇平成21年度全関西学生ジムカーナ選手権大会◇9月18日◇名阪スポーツランド◇

 この大会2連覇中の関大が目指すのは、もちろん優勝。先月行われた全日本学生ジムカーナ選手権・準優勝の雪辱を果たすべく挑んだ。

 今大会は3人の合計タイムで順位を決める。午前の第1ヒートでは、三田、重田、鎌野がそれぞれ1分を切る好タイムをマーク。「午前が終わった時点で、勝てると思った」(鎌野)と、他大学に大差をつける。
 続く第2ヒートでも、3人が安定した走りを見せる。圧倒的なタイム差で見事優勝を果たし、3連覇の称号を手にした。また、三田が00:58:63を記録し個人優勝も勝ち取った。

 「車は絶好調だった」と鎌野。しかし前日にエンジンが壊れるというアクシデントに見舞われる。「出場できないかもしれないと思った」(鎌野)。だが部員が一丸となり、トラブルを克服。この大会への強い気持ちが実を結んだ。

▼鎌野主将
「最後のジムカーナで、絶対に3連覇したいという気持ちがあった。前日にエンジンも壊れ、逆に集中力が出た。色々な人のサポートを受けてこの結果が出た。次はダートとフィギュア。2つともいい成績を残したい。絶対に勝つ」

【個人】
三田 00:58.63 1位
鎌野 00:58.64 2位
重田 00:59.78 4位


【団体】
1位 関大 02:57.05
2位 近大 03:01.62
3位 関学大 03:05.06

このページの先頭へ