◇第34回総合関関戦◇6月18日◇関学大フェンシング場◇

【フルーレ】
関大3-3関学大
【エペ】
関大3-3関学大
【サーブル】
関大6ー0関学大
【試合結果】
関大1-0関学大(2分け)

 ここ数年、関関戦負けなしの関大。今年もチーム一丸となって、強さを見せつけ勝利を手にした。
 関関戦はフルーレ、エペ、サーブルの3種目の勝敗で結果が決まり、1種目には6人が出場する。まずはフルーレ。安江、西畑が続けて敗れてしまい、関学大に大きくリードを奪われてしまう。だが、3番目に登場した小林が、鋭い突きで得点を重ねる。5-1で見事勝利し、次の石原へとつないだ。春のリーグ戦でも活躍を見せていた石原は、巧みな剣さばきで相手を圧倒。続く、淀谷も勝利し3-2で関大が逆転した。だが、最後の山下が一歩及ばす、敗北。結果3-3となり、得失点差でも引き分けとなった。
 2種目目のエペでも互角の戦いを見せ、引き分け。2分けとなり、勝負の行方は最終種目・サーブル出場者に託された。ここでは関大勢が真価を発揮し、次々と関学大を下していく。結果6-0で圧勝。接戦を制し、総合で1-0、2分けとなり関大の勝利が決まった。

▼寺井監督
「結果勝てて良かった。でもしょうもない試合をしてしまった。普段と違う形式で良い試合ができなかった。リーグが終わって1カ月、期間があいて気の緩みが出た。夏休みにかけて練習をしっかりしてもう1回心を入れ替えて欲しい」
▼畠山女子主将
「格下の相手なので確実に勝ちにいこうと思っていた。いつものルールと違って冷や冷やした流れがあった。どんな場面でも自分のフェンシングをして安定した試合をできるようにしたい」

このページの先頭へ