IMG_5859.JPG

◇第87回日本学生氷上競技選手権大会2回戦対慶大◇1月7日◇日本製紙アイスアリーナ◇
【第1P】関大1-1慶大
【第2P】関大2-0慶大
【第3P】関大3-1慶大
【試合終了】関大6-2慶大

 前回、ベスト4で終わったインカレがやってきた。初戦の相手である専修大を4-1で下した。この2回戦も難なく勝ちたいところだ。

 第1Pでは、開始早々にDF晒谷和がシュートを放つも、これは相手大GKに弾かれる。序盤には、慶大と競った試合展開を見せる関大。しかし、その中でもFW館田主将や松田、DF脇本がシュートを放ち、得点とはならなかったものの、確実にプレッシャーをかけていく。そして、12分台にはFW大澤がゴールに滑り込みながらシュートを放ちゴール。しかし、14分台にはここまで慶大の猛攻を防いできたGK人見の鉄壁を破り、失点を許してしまう。その後も、慶大が猛攻を見せるが人見がしっかりと守り切った。

IMG_5729.JPG

IMG_5780.JPG

 第2Pでは、選手のスティックが折れるなど、さらに白熱した試合展開となった。気持ちを入れ替えた関大は、慶大に傾いていた流れをリセットして関大側に引き込む。5分、13分に館田、FW晒谷凌が迷いのないシュートで点差をつける。DF笠間や土居、FW山崎などがシュートを放ち、シュート数でも12本という差をつけて、さらに関大の流れを作っていく。

IMG_5797.JPG

IMG_5873.JPG

 最終の第3P。3分台に、晒谷凌がシュートするも、相手GKに弾かれる。しかし、FW斉藤はそれを見逃さず、しっかりと拾ってゴールを決めた。そして、さらに3分後には敵ゴール近くにいる慶大選手の背後についたDF土居に対して、FW馬渕が的確にアシストし、追加点を上げる。さらに、DF晒谷和がダメ押しの追加点を12分台に決め、6-1。完勝でベスト8入りを決めた。

IMG_6023.JPG

 7日は試合が2つあり、この午前7時の試合の後には午後5時からの試合が控えている。
1日2試合というハードなスケジュールにも、「準備もしてきた」(鈴木コーチ)。初のインカレ制覇へ、勝ち星を重ねていく。【水野 真】


▼鈴木コーチ
「大会前のミーティングでは1プレーの大事さということとメンタルやフィジカルなどのコンディション作り、勢いの維持の仕方について話をしてきた。また、前の試合に比べてパワープレーがうまくできていたので、それは収穫だと思う。ラッシュのときの判断も良かったと思う。しかし、この時間は攻めていいのか、という判断がまだ理解できていないので、そこは詰めていかなければと思います。連続試合になるが、ちゃんとそれに向けての準備もしてきたので、しっかりと戻ったら栄養補給して休ませたいと思う」

▼館田主将
「昨日の初戦では、みんな緊張してて堅くなってたところがあったが、それは今日の試合では改善されていた。まだ修正しないといけない点もあるが、関大らしい試合が今日はできた。ただ、パスミスや時間を考えながら試合をするという点などでは、課題も見つかったので今日の午後の試合で活かしていきたい。次の試合のためにもエネルギー補給して、休養を取って望みたい。また、今日は応援してくださる人も多かったので、力になった」

▼先制点を挙げた大澤
「昨日は出だしが固くていつもの関大らしくなかった。今日は幸先よく決められて、そこから動けていた。観客も多かった。関大の方がリンクはいいので氷の質は落ちるが、いつと通りやった。ゴール前にパックを集めて、混戦に持ち込もうということはミーティングでも話していた。しかし、決め切ることができなかった。午後も続けていきたい。声を掛け合うことを意識した。いつもは3セット目はパワープレーの時には出してもらえないが、今日はチームの流れを作ることができた。こんなに朝早いこともないが、みんな体も動いていて良かった。昨日は体当たってなかった。(立命大は)リーグでもたくさん当たっているので、どっちも手の内はわかっていると思う。関大らしいホッケーをして完勝して、準決勝につなげたい」

IMG_5785.JPG

IMG_5884.JPG

このページの先頭へ