IMG_5433.JPG

◇第8回西日本学生選手権大会兼第87回日本学生選手権大会選考競技会◇10月25・26日◇大阪府立臨海スポーツセンター◇

【男子Cクラス】
2位 奥田 44.01
14位 中西 27.95
団体3位

【女子Cクラス】
9位 内藤 26.42
10位 野村 26.10

【男子Bクラス】
1位 門田 72.06
団体1位

【女子Aクラス】
1位 上野 91.08
6位 細田 82.62
16位 澤井 63.02
21位 南里 47.82
団体2位

【男子Aクラス】
4位 吉野 109.58
8位 湯浅 82.77
団体2位

 西日本学生選手権大会に関大から11名が出場。うち6名が入賞を果たした。

 男子Cクラスには奥田、中西が出場した。奥田は大きくリンクを使い存在感を見せる。「ミスが少なくて満足している」と本人も納得の滑りで2位に輝いた。続いて登場した中西も序盤でジャンプを決め、会場を沸かせる。このクラスで男子は団体3位となった。

IMG_4283.JPG

IMG_4319.JPG

 続いて行われた女子Cクラス。内藤は音楽にのせて感情のこもった演技を見せる。主将の野村は軸のぶれないスピンを見せるも、演技が終了すると悔しそうな表情を浮かべた。内藤が9位、野村は10位と共に入賞とはならなかったが、全日への出場権を獲得した。

IMG_4712.JPG

IMG_4850.JPG

 落ち着いた表情でリンクに登場した門田は男子Bクラスに唯一関大から出場。体を大きく使ったスピード感のある演技で会場を魅了した。前半のコンビネーションジャンプをきれいに決めると会場からは歓声が上がる。ジャンプの失敗も見られたが、その後は立て直し、ジャンプを次々と決めた。終始安定感のある演技で見事1位となった。

IMG_4977.JPG

 大会2日目。この日は男女Aクラスの試合が行われた。このクラスで上野が優勝を決めた。上野はコンビネーションジャンプを決め、さらにアクセルジャンプのコンビネーションジャンプを成功。観客も歓声を上げ、上野の演技に見入る。スピンにもぶれがなく、余裕を感じさせる。「最初から最後まで集中して取り組めたし、動きも良かった」。2位と約5点差の大差をつけて西日本女王の座を手に入れた。昨年の同大会で優勝を果たした細田は6位入賞。澤井は16位、南里は21位となり、団体では2位に輝いた。

 最後に行われたのは男子Aクラス。関大からは湯浅と吉野が出場した。湯浅は公式練習の時から安定した様子だったが、実際に演技が始まると序盤のジャンプで転倒してしまう。しかし、その後は切り替えて見事なジャンプやスピンを決めた。続いて登場した吉野もジャンプでバランスを崩し転倒してしまうが、キレのあるステップで挽回。この結果吉野は4位、湯浅は8位、団体では2位と共に入賞を果たした。

IMG_5701.JPG

IMG_6030.JPG

 この大会で多くの選手が全日出場権を獲得した。今後も立て続けに試合が行われる。関大スケーターたちの演技に今シーズンも目が離せなくなりそうだ。【庄田汐里】

▼奥田
「前の大会でもミスは多くなかったが、今回はさらにミスが少なくて満足している。スケートの伸びやスピンは自分ではあまり自信の持てない部分だがいつも良いと言ってもらえるのはうれしい。課題は体力面とジャンプ。そもそも体力がないので最後のジャンプは跳べないと思って(失敗を)回避するために変えた。体力があったら跳べたジャンプなので悔しい。目標は全日で今日より良い演技をすること。今日より良い演技をすれば今日より良い点数が出て今日より良い結果が残せると思うのでそれに向けて頑張っていきたい」

▼中西
「楽しかった。転倒があったが、点の取りこぼしも少なかったと思う。華やかな曲で最初のファンファーレの部分でのダブルできれいに降りられたのが良かった。アクセルを2つともミスしてしまったのが良くなかった点。この試合に2回生として唯一試合に出られたことは誇り。今回は楽しむだけだったが次回は上位を狙いたい」

▼内藤
「全然だめ。守りに入っていた。ジャンプも確実に跳べるものだけにした。それでもミスがあった。スピンも練習で出来たものをやった。先週(の試合では)出来たけどだめだった。8位までが入賞で入賞できなかったのはめっちゃ悔しい。北海道(全日)にいけるのは良かったが、他に良かったところは全然ない。体力をつけることとスピンを確実にできるようにしなければならない。全日では入賞できるように頑張る」

▼野村
「いつも出来ていたことが出来なかった。結果として全日につながったのは良かった。全日で取り返したい。ミスを引っ張ってしまったので立て直す力をつけたい。次で全日に出場するのは3回目。しっかり悔いのないように楽しみたい」

▼門田
「練習で出来なかったことは出来なかった。苦手なジャンプは練習通り出来なかった。早めに改善したい。試合は(他の選手の演技を)見ているとやる気が出てくる。特に男子は何をしでかすか分からないからおもしろい。今後は、やったら意外とできるものと思ってアグレッシブにいきたい」

▼上野
「全体的に割と良かった。細かい技術の面ではミスがあったのでまた調整したい。スピンではレベルを取れるところで取れなかった。スケーティングや表現でも取りこぼさないようにしたい。最初から最後まで集中して取り組めたし、動きも良かった。ミスも最小限にとどめられたと思う。これからは大事な試合が続いていく。試合を重ねるごとに出てくる課題を真摯に受け止めて今シーズン頑張りたい」

▼吉野
「前半は良かった。後半は弱いところが出てしまった。特にジャンプで弱気になって腰がひけちゃった感じになった。次に向けて直したい。悪いところがたくさんあったがスピンではちゃんと点数が取れた。来週の試合でもベストを出せるように頑張りたい」

▼湯浅
「自分では納得がいっていない。次に向けて頑張りたい。ジャンプの回転が3回転のところが1回転になってしまうミスが複数あった。すべり、スケーティングは良かった。スピンのレベルがチェックできたと思う。順位にも納得はしていない。もっと上を目指したい。シーズンを通して良い演技が出来るよう頑張っていきたい」

このページの先頭へ