IMG_5445yg.JPG

◇第83回全日本選手権大会◇12月26・28日◇ビッグハット◇

3位 村元・野口(明大)組 SD50.90(3位) FD77.38(3位) 合計128.28

 今季、シングルからアイスダンスへ転向した村元。ペアを組み、本格的な練習を開始したのは今年3月のこと。試合も今大会で4回目だ。しかし、シングルのときと変わらない実力を発揮し、転向後初めての全日本でいきなり表彰台に上がった。

 リンクに上がった二人は堂々と落ち着いていた。ショートダンス(SD)では息の合ったステップに会場の視線を集める。リフトもきれいに決まった。

IMG_1750vu.JPG

IMG_1762dyu.JPG

IMG_1793xyi.JPG

IMG_1831cyi.JPG

IMG_1887vuoo.JPG


その2日後のフリーダンス(FD)。音楽がかかると観客の手拍子が始まる。「ダンスはシングルとは違って物語を表現できる」。持ち前の豊かな表現力で物語の世界に人々を引き込んだ。豪快なリフトに手拍子が一層大きく鳴り響き、会場が一体となる。FDを滑り切った2人には笑顔が見られた。

IMG_4073yi.JPG

IMG_4085dty.JPG

IMG_4095fy.JPG

IMG_4128gui.JPG

IMG_4176iui.JPG

IMG_4213fu.JPG

IMG_4218uoih.JPG

 表彰式では満面の笑みでリンクを一周し、その喜びを噛みしめた。「新しい日本人同士のペアを世界に見せつけていきたい」と世界でのさらなる活躍を誓う2人に今後も目が離せない。【庄田汐里】

IMG_5431ytd.JPG

▼村元
「(SD終了後)(SDを終えて)ほっとしている。最後まで(野口と)同じ気持ちで滑れた。感覚が合い、本格的にペアを組んで練習を始めたのは3月から。シングルのときからダンスに興味があった。もともとダンスが好きだった。何度か(アイスダンスへの転向について)声をかけられていたが、ずっと断っていた。先シーズンあたりから新しい挑戦として考えていた。ダンスはシングルとは違って物語を表現できる。一つの作品ができることが楽しい。明後日(28日)のフリーは観客の方々に楽しんでもらいたい。(FD終了後)お互いに見せることが好きなので(ペアの相性は)合っている。一つ一つの過程、試合を大事にしていきたい。1シーズンごとに成長していきたい。(今大会はペアを組んで)4試合目。試合には慣れてきた。一番初めはがちがちだった。今は慣れてきているし、楽しめている。シングルから転向していろいろ大変な年だった。転向する決心をして本当に良かった。9カ月間で成長してきた。このまま止まらないようレベルアップした演技、スケーティングを皆さんの前でできたら。(全日本は)独特な雰囲気。これを活かした経験が出る。新しい日本人同士のペアを世界に見せつけていきたい」

このページの先頭へ