IMG_2104.JPG

◇関西六大学秋季リーグ第4節対神大2回戦◇10月3日◇わかさスタジアム京都◇

関大 000 000 000 00=0
神大 000 000 000 00=0(延長11回)

(関)能塚、吉田―倉石、中野、清水
(神)山本龍―福井

 昨日の試合では終盤に得点を重ね、見事サヨナラ勝ちを収めた関大。勢いそのままに2戦目に挑む。
 

 1回は四球でチャンスを作るも、けん制死で先制とはならなかった。この後は、両投手気迫のこもったピッチングを披露。両大学無安打のまま5回を迎えた。関大の攻撃は、7番・酒井宏が両チーム通して初の安打で出塁に成功。続く能塚は犠打を決め、倉石は二塁打を放ちチャンスを拡大する。四球で2死満塁とするも3番・笹峰は投ゴロに倒れる。そのウラには、神大の6番・山本寛が左前安打で出塁するも、後続を断った。

 8、9回は、四球で出た走者に相手のパスボールが絡み、無安打で進塁。チャンスをつかむが、得点につなげることはできなかった。

 先発の能塚は、5回に安打を1本許したが、その後は無安打で抑える好投を見せた。「キャッチャーの倉石と呼吸が合うようになり、テンポ良く投げられるようになった」(倉石)。味方がなかなか相手投手を攻略できない中でのピッチングではあったが、2年生バッテリーは確かな手応えをつかんでいた。

 試合は9回では決まらず延長戦に突入する。11回表、1死から5番・笹山が中安打で出塁し、濱名は四球を選び、2死一、二塁。代打・秋山が初球を左前にはじき返し、満塁を作るも、続く代打の森腰は左飛に倒れた。

 11回のマウンドには吉田があがる。1死から安打を浴びるも、その後をしっかり抑えた。2時間15分の試合規定により、延長11回引き分けとなった。新チームで戦った秋季リーグも次節がいよいよ最終節となる。2連勝してリーグを締めくくりたい。【吉田佳奈】

IMG_2280.JPG

▼深井主将
「今日は天気が良くなかったので、初回の立ち上がりを狙って先制点を取ろうと話していた。1回は四球で走者が出たが、けん制死になり、先制点が取れなかったなという感じ。相手のスライダーが切れていて右打者が苦戦していた印象。全然手が出ず、相手のリズムにもっていかれてしまった。(能塚は)球が低めに集まっていて打たせて取るピッチングが出来たのかなと思う。延長に入ってからは、相手投手の疲れもあり、ボールを選んでいった結果四球でチャンスを作っていけた。(11回ウラは)1アウトだったので、落ち着いて1個ずつアウトを取っていこうと話していた。今日は無失策だったが、先発の能塚がテンポ良く投げてくれていたので、守備からリズムを作ることができた。攻撃面ではもっとスクイズなど、細かいところから点を取っていかないといけないなと思った。次戦ではそういう場面があったらスクイズからでも点を取っていきたい」

▼能塚
「昨日の試合で点数が入ったのは終盤だった。相手に点数をやらなかったら勝てると思っていた。ストライクゾーンが広くて、相手もあまり打ってくるチームではなかったので、コースをついて打たせて取るピッチングを意識していた。(10回1安打について)キャッチャーの倉石と呼吸が合うようになり、テンポ良く投げられるようになった。打撃陣を勢いづけられるようなピッチングを心掛けていた。良いピッチングはできていたと思う。最終節は2勝して気持ち良く終わりたいと思う」

このページの先頭へ