IMG_3747.JPG

◇関西六大学秋季リーグ最終節対関学大1回戦◇10月8日◇皇子山球場◇

関学大 400 410 1=10
関  大 010 000 1=2(7回コールド)

(学)中尾―網田
(関)能塚、吉田―倉石

 1ヵ月におよび行われた秋季リーグ戦。いよいよ最終節を迎える。現在の成績は3勝4敗1分。順位を決める上でも負けられない2連戦が幕を開けた。

 関大の先発は能塚。相手の先頭打者は初球をとらえレフト方向へはじき返す。続く打者は犠打を試みる。捕手・倉石はその打球を二塁へ送球。しかし、わずかなタイミングの差でアウトを取ることはできなかった。3番・佐伯を三振に仕留めるも、その後死球と安打で先制点を挙げられる。満塁のピンチは続き、相手はゴロをたたく。三塁手・笹山がホームに送球するも悪送球となり、打者一巡で初回に4点を失った。

 関大の攻撃は、1番・倉井が四球で出塁すると、笹山も左安打で続く。3番・楠の遊ゴロで笹山が二塁フォースアウト。続く深井の初球で楠は二盗に成功し、1死二、三塁を作り出す。しかし、深井は二飛に倒れ、この回に点を挙げることはできなかった。

 波乱の幕開けとなった初回であったが、2回は能塚が3人で相手打線をぴしゃりと抑える。そのウラには、2死とされるも、9番・瀬川が中安打を放ち、簡単には終わらせなかった。続く倉井の左翼線適時三塁打で1点を挙げる。3回は死球で走者を出したものの、捕手・倉石が相手の盗塁を阻止した。このイニングも3人で終え、落ち着いた試合展開に。関大に流れがくるかと思われた矢先だった。

IMG_3778.JPG

IMG_3807.JPG

 4回表、先頭を失策で二進させると、続く打者はうまいところに打球を転がし内野安打。野選と失策が続き4点を失う。この回途中から登板した吉田が続く打者を抑え、さらなる追加点は阻止するも、関学大との差は7点に広がってしまった。

 5回にも1点を失い、9-1と大きく差をつけられてしまった関大。打線はフライアウトが多く、相手からなかなかチャンスをものにできずにいた。7回ウラに2死から倉井が相手の失策で出塁。続く2番・木下は中前安打で一、三塁を作る。相手はここで一旦間を置くも、代打・笹峰の放った打球は遊撃手の失策を誘い、これで1点を返す。しかし、序盤に失った点数が響き、7回コールドで試合終了となった。

 「今日は野手陣が全て」(深井主将)。これまで堅実な守りを見せていた関大が5失策と崩れた。相手も4失策と両大学ともに守りのミスが多い試合となったが、ピンチの場面での失策が響いた。コールド負けを喫した関大。次戦はいよいよ秋季リーグ最後の試合となる。「気を引き締め直して、明日は絶対勝つ」と深井主将は前を向いた。気持ちを切り替え、次戦は関学大に雪辱を果たす。【吉田佳奈】

▼深井主将
「先発が能塚だったので、失点は少ないだろうから先制点を取って楽にしてあげたいと思っていた。自分たちのミスから自滅という形になってしまった。全体の雰囲気もあまり良くなかった。初回で点差があいてしまったので、1点ずつ返していくしかないと思っていたが、4回にも大量失点してしまった。非常に悔しい。能塚のピッチングはあまり球が走っていないように感じた。しかし、要所ではゴロを打たせてくれたが、内野陣が足を引っ張ってしまった。(攻撃面は)初回は四球やヒットでチャンスを作れていた。チャンスで回ってきたのに内野フライという最悪の結果に終わってしまった。それが悪い流れにつながってしまったのかなと思う。守りから良い流れを持っていけなかった。今日は野手陣が全て。明日の結果次第で順位が変わってくるので、気を引き締め直して明日は絶対勝つ」

▼能塚
「最終節は2勝して終わりたかった。先制点をあげたくなかった。チームの入りが良くなくて、浮ついた感じのまま試合に入ってしまい、先制点をあげてしまった。テンポ良く投げようと思っていたが、それが単調にいきすぎたかなと思う部分もある。ああいうところでミスが出てしまうとピッチャーとしてはどうしようもない。2、3回は立ち直れる感じがあった。今日の自分のピッチングは良かったところはない。味方にミスが出たところで自分が粘れなかったのが課題。明日はもし投げる機会があれば、自分のピッチングをしていきたい」

このページの先頭へ