IMG_8212.JPG

◇関西六大学春季リーグ第1節対立命大1回戦◇3月20日◇わかさスタジアム京都◇

立命大 000 000 020 =2
関 大 010 000 002x=3

(立)能塚―瀧上
(関)鐘ヶ江―中小路

 球春到来。今日からいよいよリーグ戦が開幕した準硬式野球。関大の初戦の相手は現在3連覇中の立命大だ。優勝に向け、いきなり山場の試合がサイレンの音とともに始まった。

 開幕戦のマウンドに上がるのはエース・能塚。その能塚が2回、バント処理で相手の進塁を防ごうと2塁に送球するも悪送球になってしまう。次打者にも死球を与えてしまい、1死満塁のピンチを迎える。しかし、ここで能塚が絶対絶命のピンチを切り抜け踏ん張り、先制点を渡さない。すると、その裏、試合が動く。先頭の5番・木下が追い込まれながらもしぶとく右前打を放ち出塁。この日は昨日の雨により、外野の芝生がぬれていた。そのため、立命大がボールを交換しようとネット際に送球するが、タイムを要求しておらずインプレーの扱いとなる。この隙に木下が一気に三塁を陥れた。願ってもいないチャンスに、続く瀧上がきっちりと犠飛を放ち、関大が先制に成功。相手のミスを見事に得点に絡めた。

IMG_7941.JPG
△先発の能塚

IMG_7848.JPG
△先制右犠飛を放った瀧上

 立命大の先発は昨秋リーグ戦で封じ込められていた好投手・鐘ヶ江。「みんなで対策を練って今日の試合に臨んだ」と深井主将。その成果が見事に表れ、確実に安打を放つ関大ナイン。王者・立命大に対して、1歩もひるむことなく試合を進める。しかし、得点圏には走者を進めるもののあと一本がでない。両投手の粘り強い投げ合いが続き、次の得点が試合の行方を大きく左右する展開のまま終盤を迎える。

 これまで幾度となく続いたチャンスをものにできなかった関大。逆に8回、クリーンアップから始まる攻撃で、立命大が底力を発揮する。四球で出た走者をきっちりと送りバントで進め、鮮やかな2連打などで逆転に成功。残塁が積み重なる関大とは裏腹に、勝負所での強さを見せつけた。このまま立命大が逃げ切るかに思われた。

 しかし、9回までに13安打を放った関大打線が最終回にようやくつながりを見せる。4番・瀬川のこの日4安打目となる左前打を口火とし、2死満塁と一打サヨナラのチャンス。迎えるは8番・笹山。「決めるしかない」と勝ちたい気持ちを前面に押し出して打席に向かう。その初球、相手投手が投じたこん身の直球を弾き返した。打球は右前に転がり、一気に二人の走者が生還。関大が見事にサヨナラ勝ちを決めた瞬間だった。

IMG_8196.JPG
△サヨナラ打を放つ笹山

IMG_8199.JPG
△二塁走者・秋山が生還し、ナインがベンチから飛び出す

 今日は試合に出ている選手だけでなく、どんな状況でも的確な指示やナインを盛り立てるベンチの存在が際立った。まさに全員で勝利を目指す姿勢が、この劇的勝利につながったのだ。4年生にとっては最後のリーグ戦。3連覇中の立命大からは2年ぶりの白星。試合後には、思わず涙を流す選手たちもいた。しかし、今日の試合はまだまだ序章に過ぎない。今日のような試合を重ね、悲願の優勝達成まで走り続ける。【高橋良輔】

IMG_8252.JPG
△試合終了後、喜びをあらわにする選手たち

▼深井主将
「秋の時に今日の先発投手から全然点が取れなかった。ビデオを見て、みんなで対策を練って今日の試合に臨んだ。その成果もあって、序盤からヒットを打てていたと思う。相手のミスで先制できたけど追加点がなかなか取れなかった。バント練習もしてきて、チャンスの場面で決めることを心がけていたが、決めることができなかった。結果的に自分たちのミスでチャンスをつぶした試合だった。能塚は調子が良くない中でも、要所を締めるナイスピッチングだった。(最終回の)雰囲気はベンチも含め、誰も落ち込んでいなかった。ヒットも打てていたのでチャンスはあると思って9回を迎えた。自分が三振した後だったけど、(笹山が)絶対にやってくれると思っていた。結果的にサヨナラになって良かった。いいスタートが切れたと思う。みんなで前回リーグ戦優勝した立命大を意識して練習できたので、屈辱を晴らせた。でも、まだ1勝。あと9勝目指していきたい。今日もチャンスがありながら、残塁が非常に多かった。チャンスに決める打撃をしないといけない。それを意識して1戦1戦、戦いたい。絶対に優勝する。明日は先発が1年生なので野手が援護して勝ちたい」

▼笹山
「決めるしかない。勝つことだけを考えて打席に入った。真っ直ぐを狙おうと思っていた。相手投手の球威も秋より増していたけど、しっかりと打ち返せた。打った瞬間は頭が真っ白で、信じられられなかった。みんなの期待に応えられて良かった。(今後の意気込みについて)切り替えて1勝ずつ積み重ねるだけ。優勝したい」

このページの先頭へ