IMG_5572.JPG

◇関西六大学春季リーグ第1節対立命大2回戦◇3月21日◇同志社大学京田辺グラウンド◇

関 大 000 201 201=6
立命大 002 000 010=3

(関)小川、駒谷―瀧上
(立)村上、浅井―中小路

 昨日、立命大相手にサヨナラ勝ちを収め、勢いに乗る関大。しかし、深井主将は「ゼロからのスタート」とチームメイトに強調した。選手全員が気持ちを切り替え、連勝発進のみを目指す。全員野球で王者・立命大に挑んだ。

 本日の先発はこの日が公式戦初先発の左腕・小川。その小川を待ち構えるのは強打者がそろう立命大だ。しかし、「思ったより、強気でいけた」と小川。初先発とは思えないマウンドさばきで試合をつくる。このままスコアボードに0を並べるかに思われたが、3回に試合が動く。先頭打者から連続四死球でピンチを招いた。1年生・小川をバックがカバーしたいところだが、遊撃手・深井が痛恨の失策を犯し、無安打で2失点。先制点を奪われてしまう。

 この悪い流れを断ち切りたい関大は、直後の4回、2死一、三塁のチャンスをつくる。ここで迎えるは昨日サヨナラ打を放った8番・笹山。しかし、2ストライクと簡単に追い込まれ、当てるだけのバッティングになってしまう。力のない打球が三塁手の前に転がった。ところが、立命大の三塁手・中森が一塁へ悪送球。この隙に一塁走者・深井が一気に本塁を陥れ、あっという間に同点に追いついた。深井は先ほどの適時失策を取り返す好走塁。気持ちを切り替え、プレーでチームを鼓舞する。

 すぐさま同点に追いついて以降は、昨日同様に緊迫した展開となる。初先発の小川も要所を締める粘り強い投球で、相手に流れを渡さない。すると6回、先頭の4番・瀬川が小川の好投に応えた。「とにかく点を取る」と気持ちを込めて向かった打席の3球目。インコースのスライダーを完璧に捉えた。打球は一直線にライトスタンドに突き刺さり、関大が勝ち越しに成功。今年のチーム初本塁打に、選手全員が喜びを爆発させた。
IMG_5808.JPG
△本塁打を含む2安打の活躍を見せた4番・瀬川

 一度勢いに乗せたら止まらないのが今年の関大だ。全員野球をモットーとし、ベンチも一体となって勝利を目指す。その後も、5番・木下がチャンスで連続適時打を放つ活躍を見せた。昨日はあと1本が出ず、残塁の多さを課題に挙げたが、今日は見事に打線がつながった。先発の小川も7回2失点で、打っても3安打の活躍だった。
IMG_5533.JPG
△初先発で7回2失点と好投した小川

IMG_5825w.jpg
△この日3打点と勝負強い打撃を見せた5番・木下

6-3の快勝にも、試合後、選手は表情を引き締めた。王者・立命大に連勝し、これまでにない、最高のスタートを切ったが、関大が目指すところはここではない。まさに、勝って兜の緒を締めよのごとく、選手全員が次節を見据えた。関大準硬ナインの挑戦は始まったばかり。しかし、確実に優勝という目標を視界に捉える開幕カードだった。【高橋良輔】
IMG_5954.JPG
△立命大に連勝し、喜びを爆発させる関大の選手たち

▼深井主将
「昨日勝ったことに浮かれずにもう1勝、ゼロからのスタートだとみんなに言って試合に臨んだ。タイムリーエラーで2点を先行されたが、ベンチの雰囲気も盛り上がっていた。それが次の回に追いつくことができた要因だと思う。今日の試合は4、5番がよくやってくれた。期待していた通りの活躍だった。先発の小川も初先発ながら、よくやってくれた。6回3失点と言っていたが、それを上回る好投だったと思う。バッテリーは若い2人だったけど、頼りになる。チームを引っ張っていると思う。でも、まだ2勝。この勝利に浮かれずにやっていく。どこも手強い相手なのでゼロからだと思って、次に向けて準備したい」

▼瀬川
「みんなが4番には期待していると思う。それがプレッシャーでもあるが、力にもなる。(本塁打の場面を振り返って)同点の場面だったのでとにかく点が欲しいと思っていた。気持ちを入れて打席に向かった。打ったのはインコースのスライダー。結果的にこの1点から後が続いて点が取れたので、いいきっかけになって良かった。5番の木下は後輩だけど後ろにいてくれて頼りになる。でも、上回生が引っ張っていかないといけない。まだ試合は続くので、気を引き締めて次の試合に臨みたい。関大のテーマである全員野球で戦っていきたい」

▼木下
「昨日、チャンスで打てなかったので、今日は絶対に打とうと思っていた。(今日の活躍を振り返って)真っ直ぐを思い切り打とうと思っていた。良い場面、チャンスで回ってきて、結果を残せたので良かった。中押し、ダメ押しと効果的だったと思う。自分の前にいいバッターがたくさんいるので、チャンスで回ってくることが多い。5番として、しっかり打てるようにしたい。勝つために自分が打っていきたい」

▼小川
「昨日いい勝ち方をしたので、序盤に点を取られて、流れが悪くならないように心掛けてマウンドに上がった。思ったよりも、強気でいけたし、腕もよく振れていたと思う。今日はやれることはできた。次も腕を振ることを考えて、気持ちで抑えていきたい。次はもっと完璧に抑える」

このページの先頭へ