IMG_2328.JPG

◇関西六大学春季リーグ第2節対神大2回戦◇3月27日◇わかさスタジアム京都◇

関大 000 200 011=4
神大 011 100 000=3

(関)小川、駒谷、吉田―瀧上
(神)山本龍、衛藤―福井

 前日は接戦を制し、開幕から3連勝と波に乗る関大。4季ぶりのリーグ優勝へ歩みを進めるべく、神大との2回戦に臨んだ。

 関大の先発は前節、立命大から初先発初勝利を挙げた左腕・小川。しかし、この日は制球が定まらず、苦しい投球となる。2回裏、先頭打者を四球で歩かせると、相手の先発投手・山本龍に適時打を浴び先制を許した。3回にも2四球などで満塁のピンチを招き1点を失う。序盤で2点のビハインドを背負う展開となった。
 3回まで1安打に封じられた関大打線は4回にようやく反撃を始める。1死から今季初スタメンの3番・笹峰が左前打を放つと、4番・瀬川が四球、5番・木下が左前打で続く。1死満塁とし、6番・瀧上が初球を振り抜くと、強い打球が三塁手の失策を誘い1点を返す。なおも1死満塁で7番・深井主将が左前適時打を放ち、2-2の同点とした。
IMG_1665.JPG
△同点打を放ち、ガッツポーズを見せる深井主将

 試合は振り出しに戻ったが、小川の調子が上がらない。この回も安打で先頭打者を出塁させると、神大は手堅く犠打で走者を進める。だが、関大が犠野選で自ら傷口を広げてしまい、次打者にスクイズを決められ、再びリードを許す。後続は絶ったが、小川はこの回で降板。攻撃へ向かう前の集合時、深井主将が「こんな守備してたら勝てん」とナインに厳しく活を入れた。
 5回から2番手でマウンドに上がったのは駒谷。代わりばなに安打で走者を出したが、内野の好守備もありテンポよく相手打者を打ち取った。守備からリズムを作り、終盤の反撃につなげる。
IMG_1825.JPG
△好投した駒谷 

 5回以降、チャンスであと一本が出なかった関大打線だが、8回に再びつながりを見せる。6回から登板した神大の2番手・衛藤を木下、瀧上の連打などで攻め立て、1死満塁で深井が打席に立つ。チームをけん引する主将の一打は遊撃手の適時失策となり、同点の走者を迎え入れた。
 8回裏から関大は3番手・吉田をマウンドに送る。プレッシャーのかかる場面での登場とあり、自らの失策からピンチを招くが、「球が走っていた」という言葉通り力のある速球を主体に踏ん張り、無失点に抑える。
 最終回、関大は1死から楠、笹峰が連打で好機を演出。2死となった後に今季絶好調の木下を迎える。「もう自分が打つしかないと思っていた」(木下)。初球をしぶとく中前に運ぶと、二塁走者・楠が俊足を生かし一気に本塁を突く。きわどいタイミングだったが、タッチにきた捕手のミットからボールがこぼれ楠が生還。土壇場で関大が勝ち越しに成功した。
 その裏、吉田が走者を出すも、きっちりと要所を締め、この試合で初めて関大が奪ったリードを守り切る。見事に開幕4連勝を飾った。
IMG_2007.JPG
△3安打を記録した笹峰

IMG_2180.JPG
△決勝打を放つ木下

IMG_2248.JPG
△今季初勝利を挙げた吉田

 4戦中3戦が1点差での勝利と、接戦で粘り勝つ野球はチームの勢いを感じさせる。この後に行われた試合で同大が阪大に敗れたため、全勝は関大のみとなりリーグ単独首位に躍り出た。次節は難敵・同大との対戦だが、深井主将は「絶対に負けません」と気合十分。無敗の関大準硬ナインは勢いそのままに連勝街道を突き進む。【吉見元太】

▼深井主将
「第一試合ということで序盤の入りがあまり良くなく、四球や投手のフィールディングから失点につながってしまった。それが反省点。これまでの試合も緊迫した展開から打線がつながっていたので、全然焦りはなかった。(ともに3安打と活躍した笹峰、木下について)笹峰は酒井宏のけがで急きょ先発出場が決まったが、3番の役目をきっちり果たしてくれた。木下は今、チームで一番調子がいい。今日もチャンスで打ってくれてよかった。駒谷は立命大戦でもしっかり押さえてくれていて、リーグ戦の雰囲気にも大分慣れてきたのかなと思う。吉田は今季初登板で1点もやれないという状況の中、ピンチはあったが要所でしっかり決めてくれて、無失点だったので良かった。(次節の相手・同大の印象は)とにかく打つチーム。僕らは接戦で勝っているチームなので、いかに投手が抑えて、自分たちが打って点を取れるかが勝負だと思う。絶対に負けません。とにかくいつも通りバットを振り込んで、しっかり試合でいいパフォーマンスができるように準備していきたい」

▼木下
「先発の小川も調子が悪いながら3点に抑えてくれて、リリーフ陣も頑張ってくれていたので、この試合絶対勝ちたいと思って打席に立った。ツーアウトだったし、もう自分が打つしかないと思っていた。(好調の要因は)チームで一番バットを振っているという自信がある。朝早く練習に行ったり、練習後に残ったりしてバットを振っていることが好調につながっていると思う。(次戦に向けて)厳しい試合になるとは思うが、チャンスでしっかり1本が出るように、守備ではしっかり要所を締めて、緊張感をもってやっていきたい」

▼駒谷
「序盤から準備はしていた。劣勢の場面だったけど、1年生の小川が頑張ってくれていたので、僕もそれ以上に頑張らないといけないと思ってマウンドに上がった。まだまだ満足できる内容じゃなかったが、無失点に抑えられて、最後は逆転につながったので本当に良かった。次の一戦が勝負だと思うので、しっかり準備していく」

▼吉田
「駒谷に代打が出たら行くよと言われていた。準備はしっかりしていたので、球も結構走っていて、後は投げるだけだった。力みすぎて高めに浮いて打たれた場面もあったので、もっと低めを意識していい球を投げられるようにフォームを安定させていきたい。次、投げる場面になったら絶対0点に抑えるという気持ちで、強い意志をもって投げていきたい」

このページの先頭へ