◇関西学生春季リーグ第二節対大経大◇5月6日◇大経法大◇

 リーグ2戦目は大経大。降格したばかりの関大にとっては格下の相手だ。4―0のストレート勝ちを狙う。
 1番シングルスは亀井。カットが特徴の亀井に相手は容赦なくスマッシュを連発する。しかし、それに怖気づくことなく返球していきミスを誘う。激しい攻防戦が続き、カウントは9―9。この大事な場面でネットにかかり、そしてアウト。第1セットを落としてしまう。第2セット目は必ずやものにしたいが、上手く攻めきることができない。先にセットポイントを取り、なんとか11―9と接戦をものにした。第3セットも獲得したものの、第4セットを奪われ、セットカウント2―2。ファイナルセットに持ちこまれた。味方からの熱い応援を背に、亀井の調子が上がっていく。連続でポイント奪取し、11―5と大差で勝利を収めた。
 2番シングルスは中村。1年生ながらも果敢にボールに食らいつき、1セット目を先取。しかし、向こうのコースを狙ったショットに苦しめられる。3セットを連続で取られ、逆転負けを喫した。
 勝ち越したい第3シングルスは白井。昨年もチームの主力として活躍していた彼に期待が懸かる。互角のラリーを続けるが、白井のミスが続く。5―11で1セット目を落としてしまう。1―2で迎えた第4ゲーム。長いデュースを制し、15―13でファイナルゲームへと巻き込んだ。しかし、あと一歩及ばず8―11で敗北。

続くダブルスでは、深野主将・今井組。4年生と1年生のペアだが、深野がうまくリードし、優勢に試合を進める。1セットを落とすも、それ以外を取りこぼすことなく下した。
ここまでで2勝2敗。続くシングルスで登場した村中。接戦だが取りこぼし、セットカウントは2―2とする。連続で得点していき、相手にプレッシャーをかける。最後は相手のレシーブのアウトでゲームセット。同時進行で行われていた深野のシングルスは圧倒的な大差で勝利し、合計4勝2敗で関大が勝利した。

 目標の全勝ストレートではなかったが連勝した関大。1部復帰に向け絶好のスタートを切った。

▼深野主将「4―0がベストだった。4―2になってはしまったが、不安ではない。受け身ではなくしっかり攻めていかないと。あと、3戦。一戦一戦チーム全員で勝ちます」

このページの先頭へ