IMG_3391%20%282%29.JPG

◇平成25年度秋季関西学生リーグ第二節対大商大◇8月30日◇伏見港公園総合体育館◇

関大4-1大商大

初戦を白星で飾った関大。第二節の相手は大商大だ。2部3位で格下ではあるが、油断はできない。1部復帰に向けて全勝を目指す。

1番シングルスは村中。第1セットは相手の立ち上がりを狙い、11-4の大差でものにする。しかし、第2セットはデュースから粘られ、10-12でイーブンに戻される。続くセットは一進一退。だが村中が長いラリーを制し、振り払う。第4セットは一時5ポイント差を許すも、上手く相手のリズムを崩し、デュースに持ち込むことに成功。そして4度目のデュースでアドバンテージを奪い、最後は相手のアウトで初戦を制した。
 2番シングルスは1年生の中村だ。序盤から大きなリードを許すも、4-8から7連続ポイントを奪い、そのまま第1セットを先制した。波に乗った中村の勢いは止まらず、11-4の大差で第2セットも取得し、勝利に王手をかける。第3セットは苦戦するものの着実にポイントを重ね11-8で奪い、ストレート勝利をつかんだ。
中村.JPG

 3番シングルスでは山口大が登場。互いに一歩も譲らず、セットカウント2-2となりファイナルセットへと持ち込まれる。巧みなショットで点差を広げていく。猛追する相手を振り払い、見事11-7で下し、3勝目を挙げた。
 次は深野主将・今井組のダブルス。これを勝利すれば関大の勝利が決まる。得意の速い攻撃で相手を翻弄(ほんろう)する。このまま優勢に運ぶかと思われたが、徐々にミスショットが増えてくる。勝敗の行方はファイナルセットへ。リズムに乗りきれない深野と今井。アウトを繰り返し、逆転負けを喫した。

 続いてシングルスで登場した深野。ダブルスから気持ちを切り替えて挑む。本来の実力で相手を圧倒しストレートで快勝。4勝1敗でリーグ2勝目を決定づけた。

 1部復帰に向けて順調に白星を重ねている関大。勢いそのままに目標まで駆け上がれ!

▼深野主将
「大商大は自分たちにとって2番目に強い相手。負けるとは思っていなかったし自信があった。昨日も5試合で終わったので昨日出なかった2、3番手を前に持ってきて、戦力が固まらないように自分は後半で出た。勝ったけれど、もっとつめなければいけないところもあるし、最終の天理大戦で勝てるように頑張る」
▼中村
「思いきって試合できてよかった。自分は打ち終わってからもとに戻るまでが遅い。そこをもっと意識して直したい。強い相手にも自分から向かっていって積極的にプレーしたいと思う」

このページの先頭へ