IMG_9649.JPG

◇平成25年度春季関西学生リーグ最終節対大商大◇5月12日◇近畿大学記念会館◇

  昨日は今季初の黒星を喫した関大。今日勝てば1部との入替戦、負ければ2部存続だ。大事な一戦だが、「守らず攻めていこう」という気持ちで勝利を手にした。
 第1シングルスは村中。1セット目から接戦となり、デュースに突入。激しい打ち合いとなる。相手のフォアをえぐる強烈なドライブが決まるとスタンドからは大きな歓声が上がった。両者譲らない攻防。最後は相手のスマッシュ攻めに対し、守りに入って第1セットを落とす。攻撃の流れがつかめない村中は第2、3セットも奪われ敗戦する。
 流れを変えたい2番手は山口大。第1セットの序盤は相手のサービスエースが多く、大量リードを許す。しかし、丁寧な試合運びで怒涛の追い上げをみせ、第1セットを奪う。2セット目以降もサーブに苦しむが、徐々に攻略。確実に得点を重ね、3-0でこの試合を制した。IMG_9499.JPG

 第3シングルスは吉見。試合開始直後から相手の荒い攻撃が目立つ。一方の吉見はコースを狙い、丁寧に攻めて得点を重ねる。相手も圧巻のパフォーマンスを時折みせるが、3ー1でねじ伏せた。IMG_9526.JPG

 ダブルスは深野と今井。4-4、6-6、8-8。ゲームは1セット目から一進一退の攻防となる。両者譲らず勝敗の行方は最終セットへ。「パートナーがミスして自分が無理矢理いく悪循環だった」と深野。先にアドバンテージを与えると、不運な当たりもあり接戦を落としてしまう。
 2-2のタイに戻されて迎える第4シングルスは深野。「昨日は湿気で我慢我慢だったが今日は思い通りできた」(深野)。コースの決まったバックスマッシュや回転の効いたドライブなど小気味のよい攻撃で得点を重ねる。見事ストレート勝ちを決めた
 3-2となり関大の勝利は中村に託された。怖気づかず、1年生ながらアグレッシブな攻撃で試合を作る。フォア側のアウトラインすれすれのコースに絶妙に決まる痛烈なスマッシュ。相手は一歩も動けない。最後まで相手を翻弄し、深野に続きストレート勝ちしたIMG_9857.JPG

 快勝でリーグ最終戦を締めくくった関大。この勢いで入替戦でも結果を残したい。

▼深野主将
「レベルの差、力の差で勝ったと思う。昨日は負けてしまったが守らず攻めていこうと臨んだ。入替戦につなげたかったので、勝てて良かった。第3と第6で使った1回生が慣れてきてくれている。メンタルをもっと鍛えていきたい。(入替戦について)昨年まで自分たちも一部。格下ではないと思うが、チャレンジャー精神を忘れずに強気で挑みたい」

このページの先頭へ