IMG_7557.JPG

◇平成26年度関西学生秋季リーグ戦第4節対天理大◇9月4日◇ベイコム総合体育館◇

開幕から3連勝と白星を積み重ねる卓球男子。このまま1部昇格へと突き進みたい。

第1シングルスは主将の白井が出場。相手は近畿の上位ランクの選手のみが付けることができる黄色いゼッケンの実力者。白井はスマッシュで積極的に攻撃を仕掛けて気迫を見せる。鋭くキレのあるスマッシュは威力抜群。しかし、実力者相手にストレート負けに終わった。

続く第2シングルスは吉見。バックハンドがさえ渡った。第1セットを落とすものの、その後は相手を一歩リード。サーブミスが目立つが、一方でサーブレシーブの流れで得点を奪う場面も多かった。セットカウント3ー1で見事勝利する。

ダブルスは村中・今井組。今井は昨年から1回生ながらダブルスで試合に出場。左利きを生かした巧みな試合運びが魅力だ。次期エース候補の1人である村中は力強いスマッシュを連発。見事、2人のコンビネーションでストレート勝ちを手にした。

第3、4シングルスは落としたが、第5シングルスの中村が奮闘。白井主将が「エースとしてよく勝ってくれた」と話す通り、エースとしての仕事を果たし、勝利した。

エースの活躍で最終シングルスまで持ち込んだ関大。最終シングルスには満を持して村中が登場する。しかし、第1セットをポイントカウント5-11で落とす。それでも、第2セット以降は立て直した。回転の効いたレシーブで相手を翻弄する。回転の影響で相手はネットミスなどを連発し、得点を重ねた。試合はそのままフルセットを迎える。村中は3点を先取し、試合を優位に進める。しかし、中盤に逆転を許す。一進一退の攻防を続けるが、最後は粘り切れなかった。最終セットを8-11で落とし、試合に敗れた。

最終シングルスのフルセットまでもつれ込むも、勝ち切れなかった関大。白井主将は「最後の最後で負けてしまい残念」と悔しさをにじませたが、明日の最終節に勝利すれば2部2位となり、1部との入れ替え戦に挑むことができる。チーム一丸でトップリーグへのチャンスを奪う。【浦野亮太】

▼白井主将
中村の相手の中村は天理大で3番手くらいの実力だが、中村がエースとしてよく勝ってくれた。村中は勝負所で決まった動きができなかったことが敗因の一つ。明日勝つと入れ替え戦。チーム一丸で勝ちに行く」

IMG_6910.JPG

IMG_7302.JPG

このページの先頭へ