20140903.jpg

◇関西学生秋季リーグ対大経大◇9月3日◇ベイコム総合体育館◇

関大4-0大経大

春リーグで惜しくも2部降格が決まった卓球部男子。再び1部で戦うために初戦を落とすことはできない。

第1シングルスとして登場したのは中村。序盤は2連続得点を与えてしまったものの、フォアハンドでクロスに押し込むスマッシュから4連続得点で流れをつかむ。相手のスマッシュに下がらされる場面があるも、粘りのプレーでミスを誘った。サーブでも相手を崩し、点差を開けていく。フォアの素早いスマッシュでは相手が全く反応できない場面も見られた。最後は強烈なスマッシュで幸先良くストレート勝ちした。

このまま続きたい第2シングルスの吉見は、相手の体の打ちにくいところに狙って打つなど、コースを巧みに使い分ける。角度を変えた数回のスマッシュなどで確実に点を稼いでいく。コンパクトなスイングで相手を寄せ付けず、勝ち星をあげた。

201409032.jpg

第3シングルスの今井も、応援に後押しされながら好プレーを連発。3セットとも相手を圧倒して勝利した。次のダブルス・村中、今井ペアが勝てば、ストレート勝ちが決まる。大事な場面で登場した二人だったが、相手の変則的なサーブにうまく対応できず、第1セットを落としてしまう。第2セットを取って五分に戻したものの、第3セットを7ー11で落とし、再びピンチに。しかし、ここから2人の好プレーが飛び出す。村中が相手を動かす一打で得点すると、今井がサービスエースで盛り立てる。一気に2セットを奪い、3ー2で接戦をものにした。

201409033.jpg

この結果、4ー0とストレート勝ちを飾った関大。しかし、1部昇格のためにまだまだ気は抜けない。次戦は「負けたら昇格はない」と白井主将も警戒する天理大だ。ライバルを倒し、1部昇格を目指す。【笠井奈緒】

▼白井主将
「調子は悪くなく、順当に勝ててきている。今日もオーダー通りいってくれた。(今日の4ー0でストレート勝ちという結果について)サーブがうまかったかなと思う。逆にレシーブが取り切れてなかった。ダブルスは変則的なサーブだったので、セオリー通りきてない相手の対処がうまくいってなかった。吉見は怪我で出場できていなかったが、相手のエース相手によく頑張った。次も安心して出せると思う。ダブルスはシングルスが3つ勝って気が抜けた部分があった。明日が勝負だと選手には伝えたい。負けたら昇格はない。全員で向かっていきたい」

このページの先頭へ