IMG_9800.JPG

◇関西学生秋季リーグ第6節対同大1回戦◇10月5日◇ほっともっとフィールド神戸◇

同  大 001 000 000=1
関 大 100 000  01X=2

(同)花田、北川、大家、矢野敦、平尾拓―太田
(関)石田―久米

 前節の立命大戦で初めて勝ち点を落とした関大。リーグは終盤に入っており、必勝態勢で臨まなければいけない。江原主将は「(優勝に向けて)自分たちが勝ち点2を取ればいい。4勝するのは自分たちができる最大限のこと」と意気込んだ。

 試合は初回から動く。安打で出塁した江原を一塁に置いて、4番・藤嶋が第1打席を迎える。初球から力強くスイングした。「甘かったのでしっかり振れた」と真ん中付近の甘いスライダーを右中間に弾き返す。中堅手がダイビングキャッチを試みるも、打球はわずかにグローブの先に落ちる。藤嶋は快足を飛ばし、三塁を陥れた。一塁走者の江原が本塁に帰り、先制に成功する。

IMG_9963.JPG

 藤嶋は第2、3打席目と内野ゴロに終わり、8回に第4打席を迎える。先発の石田は1失点の好投を続けており、何とか援護したい。上位打線が作った1死二塁のチャンス。変化球に狙いを絞り、高めのスライダーを振り抜いた。打球は風に乗ってバックスクリーン方向にぐんぐんと伸びていき、中堅手の頭上を越える。二塁走者の江原が本塁に帰還。これが決勝点となり、関大が初戦を制した。

IMG_9765.JPG

 1年生のころから長打力を買われ、主軸を任されてきた藤嶋。2年生までは主に5番を打っていたが、3年生からは4番に座る。バッティングが振るわない時期もあったが、苦難を乗り越え、主砲の座を守り抜いた。最高学年になり、副将も務めるが、気負いはない。迎えた最後のシーズンはリーグのトップを快走する11打点。目下打点王と本塁打王の二冠だ。今春から監督に就任した早瀬監督も「藤嶋が打てたら勝てる。不動の4番だ」と絶大な信頼を置く。「神宮に1回も出てないのでみんなを行かしてあげたい。試合を決める1本を打ちたい」(藤嶋)。最後のシーズンにかける思いは強い。優勝争いはまだまだチャンスがある。最後まで粘ってチームを優勝へ導く。【浦野亮太】

▼早瀬監督
「同大はここまでそんなに点を取られて負けているわけじゃないから、競り合いになるぞと言っていた。石田は何とか粘って投げていた。チャンスを生かせていない部分があり、打線がもっと打っていれば。初回に走塁ミスがあり、藤嶋が打ったからよかったけど、まだまだ甘い。無死満塁の場面でのゲッツーは痛かった。藤嶋は2打点と4番らしいところを見せてくれた。藤嶋にチャンスで回ってくることが多く、藤嶋が打てたら勝てる。不動の4番であり、彼の最後のシーズンだから気持ちも強いと思う。優勝争いはまだまだチャンスがあるし、4回生は最後のシーズンだから、最後まで粘って優勝のチャンスを残したい。そのためには残り全勝するしかないと思っている。つなげてやりがいのあるゲー
ムをしたい」

▼江原主将
「藤嶋と石田に感謝。4番とエースが仕事をして勝ったので良かった。(自身の4出塁について)打ったやつが1番偉い。自分は結果的に塁に出てただ走ってホームに帰ってきただけ。明日は誰がヒーローになるかわからない。塁に出た人をしっかりと後のバッターが返せば次戦も勝てる」

▼藤嶋
「(先制打について)真ん中付近の甘いスライダー。ストレートを狙っていたが、甘かったのでしっかり振れた。(2打席目のチャンスでの凡退について)打ち取られた。ただ、あれがあったから決勝打を打てた。重く考えていない。(決勝打について)インハイのスライダー。詰まり気味でセンターもうまいので取られると思ったが。風にも乗った。風がなかったらフライだったと思う。(4番について)ずっと主軸でやってきて(主に2回生までは5番、3回生以降は4番を任されている)最高学年で副将だが、気負わず常に1バッターとして打席に立っている。しかし、打点がつく場面は気合が入る。神宮に1回も出てないのでみんなを行かしてあげたい。打点にはこだわっているので試合を決める1本を打ちたい」

▼石田
「まっすぐでいけるところを増やして変化球を生かしたい。ストレートで上手くストライクを取れないところからカウントを悪くしてピンチを作ってしまった。1失点で踏ん張れたのは良かった。2連勝するしかない。次戦に向けてしっかり準備したい」

IMG_9971.JPG

このページの先頭へ