_MG_9537.JPG

◇関西学生秋季リーグ第5節1回戦対立命大◇9月27日◇南港中央球場◇

関 大 000 100 000=1
立命大 000 003 00×=3

(関)石田―久米
(立)桜井、東―小川

前節で関学大から4季ぶりとなる勝ち点を奪い、流れに乗っている関大。今節でも勝ち点を挙げ、リーグ優勝へと近付きたいところだ。

序盤は両チームとも得点圏へ走者を進めるものの、先発投手が無失点で切り抜け、中盤へと入る。

試合が動いたのは4回。仲尾、青木拓の連打で1死一、三塁のチャンスを作る。打者は久米。「決めるんやという気持ちで打っていった」とライト前へ運び、先制の適時打となる。続く石田はしっかりと犠打を決め、2死ながらも二、三塁と好機を広げる。しかし、次の打者の山口が左飛に倒れ、1点止まりとなる。

だが、6回にも代わった東から好機を作る。先頭の仲尾は盗塁死するが、続く青木拓が内野安打で出塁。次打者は三振に倒れるが、石田のときに一塁走者が盗塁し、2死二塁と得点圏に走者を進める。そして石田がサードへの内野安打を放つ。その間に二塁走者の青木拓が一気にホームを狙うが、際どいタイミングで本塁タッチアウトとなってしまい、追加点とはならない。

攻撃でのちぐはぐした流れはその裏の守備にも移ってしまう。先頭打者に四球を許すと、次打者に犠打を決められ、1死二塁のピンチを招く。迎えた高島への2球目。石田が「もったいなかった」と振り返ったスライダーが甘く入り、右中間へのタイムリーを放たれる。中継の場面でも送球ミスがあり、一気に三塁まで進塁された。続く打者にもタイムリーを打たれ、逆転されてしまう。ここで何とか流れを止めたかったが遊撃手・仲尾の野選でピンチを拡大。次打者は遊ゴロに打ち取るものの、2死一、三塁とピンチは続く。9番・東への初球で盗塁を決められ、二、三塁に。そして、4球目にパスボールで三塁走者が生還。二塁走者の本塁突入はアウトにしたが、痛い3点目となった。

反撃したい関大だったが、7回からは3イニング連続で三者凡退とチャンスを作ることが出来ず、初戦を落としてしまった。

試合後、早瀬監督は「6回がすべてだった」と言うように、チャンスを生かしきれない攻撃とは対照的に守備の乱れから失点を許してしまった。これで勝ち点へ後が無くなった。明日勝利して3戦目にもつれ込ませたい。【林 亮佑】

▼早瀬監督
「6回がすべてだった。ミスが出てしまい、そこにつけこまれた。余計に点を取られて、こっちが点を取れなかった。3点取れないとこうなってしまう。前半チャンスがあったが、もう1本出なかった。4番で1本出ていれば変わったかもしれない。2番手の東からは簡単には点を取れなかった。9イニング勝負なのでどこかでチャンスをものにしないと勝てない。関学戦も初戦負けてしまっている。まずは明日勝てないと次がないので頑張りたい」

▼江原主将
「立命大に向けて打たないと勝てないので、バッティングの練習をしてきた。関関戦でできたことを徹底して、できる確率をあげてやっていこうと話していた。勝負どころの1本が出なかったのが敗因だと思う。3回までチャンスはあったのにそこからの1本が出なかった。あそこで点数が入っていればなと思うが、入らなかったのは、自分たちに何かが足らなかったから。今日は負けてしまったが、あと2勝したらいい。ヒットで低い打球を打てていたのが良かった。相手の打者は勝負どころで1本出せていた。気持ちと準備の部分が大きいのではないか。ただ明日は投手も変わるので、切り替えていけたらなと思う。明日はしっかり守る場面、攻めた守りをする場面、しっかり分けていきたい」

▼石田
「まっすぐはばらつきがあった。決まる時は決まるが、決まらない時が決まらなかった。スライダーは安定して良かった。でも、6回の高島へのスライダーはもったいなかった。先頭打者への四球は反省しないといけない。久米に話はしたが、3点目を取られたのは大きかった。3点取られた後の7、8回はふっきれて良いピッチングはできた。明日勝たないと明後日もない。明日投げるかどうかは分からないが、次に投げるときにしっかり投げられるように準備していきたい。まずは明日勝てるように頑張りたい」

▼久米
「とりあえず勝つことに必死だった。3回に3点取られたが、優勝するためには、次につなげていかなくてはならない。明日勝つしかない。(チャンスでの打席は)1点取ったら楽になると思った。また、ピッチャーを助けようという思いだった。チャンスで自分の攻めができた。2打席目は、必死に食らいついていった。決めるんやという気持ちで打っていった。アウトコースのまっすぐを打った。当たりは悪くなかった。打った瞬間抜けるかなと思ったが、抜けてうれしかった。(今日の敗戦について)勝ちゲームを逃してしまった。捕手として先頭の四球など防げるところを防げなかったのが課題だし、ミスだと思う。優勝争いに残るためには、明日は勝たないといけない。必死にやって明日につなげたい」
_MG_9523.JPG

このページの先頭へ