%E6%82%94%E3%81%97%E3%81%84%E6%B1%9F%E5%8E%9F%E3%81%95%E3%82%93w.JPG

◇関西学生秋季リーグ第5節2回戦対立命大◇9月28日◇南港中央球場◇

立命大 001 012 200=6
関大 000 002 100=3

(立)西川大、東―小川
(関)畑瀬、阪本大、水師、石田―久米

前日に悔しい逆転負けを喫した関大。今日勝って3戦目に望みをつなげたい。

今日の先発は畑瀬。1、2回をいずれも三者凡退に抑え、順調な滑り出しにみえた。しかし3回、先頭打者に安打を許すと犠打を決められ、得点圏に走者を進められる。次打者を三振に抑えたものの、次の山足に適時打を浴び、先制される。5回にも先頭打者への3塁打でピンチを作ると、再び山足に犠飛を打たれ、追加点を許す。

反撃したい打線だったが、相手先発に5回までわずか1安打と抑えこまれ、なかなかチャンスを作れない。すると、6回にも失点し、点差を広げられる。

しかし、このままでは終われない関大は直後の攻撃で先頭の山口が1塁へ気迫のヘッドスライディング。これが内野安打となると、次の江原の打席ではエンドランを試みる。江原は空振りしたが、山口は2塁へ好走塁。江原の内野ゴロの間に3塁まで進んだ。続く西田尚も内野ゴロに打ちとられるが、この間に生還し1点を返す。そして次の藤嶋は右中間への本塁打。これぞ4番というような働きで流れを呼び寄せる。

だが、7回に2番手の阪本大が失点し、再び立命大に試合の主導権を握られる。直後の攻撃で1点は返したが、8、9回と得点圏に走者を進めながらもあと1本が出ず、立命大に連敗してしまった。

試合後、江原主将は「勝負どころの1本が出なかった」と悔やんだ。勝ち点は挙げられなかったが、まだ優勝の可能性は残されている。次節に向けて、しっかりと準備していきたい。【林 亮佑】

▼早瀬監督
「畑瀬は前半しのいだが、もうひと粘りしてほしかった。6回の2失点が痛かった。打線も後半粘ってくれたが、もう1本欲しかった。結果につなげなければ。藤嶋の1発はチームのいい刺激になった。追加点を取られ追いかけ、さらに追加点を取られという展開。最後まで選手は粘り強くやってくれた。立命、関学と並んだとは思っていない。うちが後退してしまった。終わった訳ではない。可能性はある」

▼江原主将
「2連敗して悔しい。春は勝ったが、それは春。挑戦者の気持ちでぶつかっていこうと思っていた。雰囲気は悪くない。勝負どころの1本が出なかった。あと1本でるか出ないかというところ。点を取った次の回に点を取られたのはチーム全体の弱さ。(優勝に向けて)自分たちが勝ち点2を取ればいい。4勝するのは自分たちができる最大限のこと。もう1回一から練習して、自分たちのできることをしっかりして、同大の初戦に挑みたい」
.%E8%97%A4%E5%B6%8B%E3%81%95%E3%82%93wJPG.JPG

このページの先頭へ