%E6%8C%A8%E6%8B%B6.jpg

◇関西学生後期リーグ第11節対大院大◇11月22日◇京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場◇

【前半】関大1-0大院大
【後半】関大1-1大院大
【試合終了】関大2-1大院大

 毎年、リーグ戦で上位争いを繰り広げる関大だが、今年は2部降格圏内をさまよい、不振を極めた。「関大はどうしたんやろと思われたと思う」(山田主将)。しかし、苦しい状況でも山田たちは「来年も後輩に1部で頑張ってほしい」と最善を尽くす。そして、何とか1部残留の可能性を残したまま最終節を迎えた。対戦相手は負ければインカレ出場の可能性を失う大院大。1部残留とインカレ出場をかけた両者の戦いが幕を開けた。

前半、関大はディフェンスのリズムを崩される。ボールを奪われる場面が目立ち、立て続けにペナルティエリアに侵入された。いつ先制を許してもおかしくない流れを変えたのはMF深尾だ。21分にFW清永が放った右サイドからのクロスに逆サイドの深尾が反応。見事ゴールを決める。「ボールが抜けてくると信じていた」(深尾)。前節、右サイドからのオフェンスが中心で左サイドからの関わりが少なかった関大。今節はFWの2枚に加え、逆サイドのもう1枚がゴールシーンに積極的に参加することを意識した。その作戦が上手くはまり、先制に成功する。

 後半、1ー1の同点に追いつかれるが、「我慢する時間が長い中で気持ちが切れなかったのは大きい」と山田。終盤にオウンゴールで勝ち越しに成功し、これが決勝点となった。得点の流れは先制点と同じく右サイドからのクロスだった。

 試合後、大産大が大体大に0ー1で敗れたため、関大の1部残留が決定した。山田主将は「ふがいない」と1年を振り返ったが、最後に価値ある勝利を手にした関大イレブン。4年生たちの「来年も後輩に1部で頑張ってほしい」という願いは叶った。思いを託された選手たちは全国の舞台を目指して来年も1部で暴れる。【浦野亮太】

▼島岡監督
「試合を通してポジティブな状況や状態になれなかった。それは今年一年を通しても同じことが言える。ワンテンポ遅くなって、思いきってできていなかった。精神的なスタミナに引っ張られた。失敗してもいいから思いきってやらせてあげたら良かった。自分から自力でやるというエンジンを持っていない。持たせてあげられなかった。今日の勝利は入れ替え戦争いをしている今の状態の中でベストな結果を出せた。リーグを振り返ると得点も失点も攻撃的にやることができていない。前向きにプレーできず、前向きな要素を見つけられなかった。前向きな挑戦に取り組めるような環境作りもできていなかった。思いきったことをやらせてあげられなかった。もっと前向きに乗り越えようという感じを出せればよか
った。力がついた今シーズンであれば良かった」

▼山田主将
「前半は我慢する時間が長かった。後半に1点を返されて苦しくなったがやることは変わらない。1点を取りに行こうとして運良く入ってくれた。最後も我慢できて勝ち点3を取れて良かった。相手ボールの時間が長かったが、むやみに行っても剥がされるだけなので、しっかりブロックを作って、カウンターもあった。我慢する時間が長い中で気持ちが切れなかったのは大きい。前の試合では右サイドから攻めて左サイドが少なくなっていた。逆サイドからも関わっていくということを深尾も理解できていたのだと思う。FWが2枚だとマークされるが、逆サイドのもう1人が加わると3人になる。(1年を振り返り)ふがいない。関大はどうしたんやろと思う人もいたと思う。思うような結果を残せなかった。今
までしたことがない負けが続いたことは来年以降につなげてほしい。優勝争いをして、インカレに出場して全国で戦ってほしい」

▼深尾
「ボールが抜けてくると信じていた。チームとしてゴール前の人数を増やすことを大切にした。1点を取ってチームに勢いが出た。2点目はラストの試合ということで全員で楽しんでできたことがオウンゴールにつながった。ゴール前に集まって誰か当たれば入るという考えだった。(1年を振り返り)4回生が引っ張ってくれて、自分たちも引っ張ればもっと良いチームになれた。この経験を生かし、勢いあるチームを作りたい」

%EF%BC%91%E7%82%B9%E7%9B%AE.jpg
△先制点を決めた深尾

%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB.jpg
△決勝点に対照的な表情を浮かべる選手たち

このページの先頭へ