IMG_7016.jpg

◇平成25年度関西学生秋季リーグ◇10月13日~11月16日◇万博スポーツ広場◇


◇第2節対立命大◇10月13日◇
立命大 00110=2
関  大 3000×=3
(立)川内―三谷
(関)石澤―黒田

 前節が雨で流れたため、新体制の初戦となる今節。新バッテリーの力試しともなる。初戦で勝ち星をつけ、勢いをつけたい。

 初回から関大の打線は勢いづく。まず1番・大柿が四球で出塁すると、続く黒田が犠打を放つと、相手一塁手が悪送球。思わぬ出塁でチャンスを作る。そして4番・金井主将の犠飛で先制点を入れる。さらに5番・太田が遊撃手の失策を誘い、さらに1点を追加。続く穂束は右翼に大きな当たり。キャッチしたかのように見えたボールをまさかの右翼手が落とし、2塁まで駒を進めた。そして7番・安部の打席の3球目。投手の暴投により、その間に3塁まで進塁していた太田が生還。この回3点を入れ、初回から点を引き離した。

 一方守備では、初回2回を三者凡退と好投を見せる。しかし3回に失策により出塁を許すと、9番にセンター前に打球を運ばれ、この回1点を返されてしまう。4回にも左中間に運ばれ、その間に三塁にいた走者が生還。1点差まで迫られてしまう。5回に一安打を許すも、最後はファーストゴロに打ち取り勝利。バッテリーの粘り強さを見せつけた。

 開幕から勝利し、良いスタートを切った関大。目指すはもちろんリーグ1位だ。新チームでの優勝へ、彼らは走り出した。

▼金井主将
「試合が始まる前から、初回入りを意識していた。初回オモテを3人で押さえて、ウラで先制点を取れたことが勝因。レギュラーは勝ちに向かって一つになっている。今年はインカレで一回戦で負けてしまったので、強いチームを目指して向かっていく。(次節は)初回からいいかたちで入っていくところと、チーム一丸となって勝ちにいく」

▼石澤
「初回が一番大切で、打たれる覚悟だったが、先制点をとってくれたことが良かった。先頭バッターをどうとるかで楽になってくるが、後半苦しかった。要所を押さえたのと大量失点がなかったのが良かった」

◇第4節対神院大◇11月16日◇
関  大12000=3
神院大02000=2
(関)石澤ー黒田
(神)楠岡ー森

 初戦の立命大戦をはじめ順調に白星獲得。そして、日程調整の結果、第4戦に繰り上げられた春季王者•同大との一戦を迎えた。試合は得点の取り合いが続くが、相手の猛追を振り払い、チャンスをものにした関大が6-4で勝利。これにより関大の優勝が確定した。

 全勝優勝を目指し、グラウンドに向かった選手たち。相手は神院大だ。初回、関大の1番•大柿が丁寧に左前に打ち返し、出塁する。以降、安打はなかったが、相手のミスで先制点1を挙げた。その裏、守備が上手くかみ合わず三塁まで進められる。しかし、ここは今季から登板している石澤が勝負強さを発揮し、 ホームは踏ませなかった。

 2回には再び関大のチャンス。2死から四球で出塁し、9番•山本が右前打で続く。大柿がフルカウントからたたいた打球はセンターを抜け、走者2人が生還。自身も二塁まで駆け抜けた。
しかし、その裏、先頭打者の安打を皮切りに塁が埋まっていく。死球も含め、2死満塁。最大のピンチを迎えた。打ち返された2球目はセンターへと伸びていき、送球が遅れる。その間に2点を挙げられた。二塁手•安部の好守でそれ以上の追加点は許さなかったものの、一気に点差を詰められた。

できるだけ、点差を広げたい関大だが、安打すらでない。守備では二塁走者を背負う場面もあったが、しっかり押さえて互いに無失点。刻々と迫る試合終了時刻。2死二塁の場面。ベンチでは勝利の瞬間を待ちきれない仲間たちが立ち上がり声援を送った。粘られた6球目はバウンドしながら一塁に構える金井主将のグラブに収まる。しっかりベースを踏み、ゲームセット。ハイタッチを交わし、全勝優勝の喜びに浸った。

 「初回から先制し、ロースコアでおさえるパターンが定着してきた」(金井)。新チームに確かな手応えをつかんだ。目指すのは〝攻撃が魅力のチーム〟。桜舞う頃男たちは秋•春連覇への思いを引っ提げ、グラウンドへと戻ってくる。

▼金井主将
「今日の試合は耐えしのいだというかんじ。本番は夏(インカレ)。今日勝ったことは夏勝つための大きな一歩。初回から先制し、ロースコアでおさえるパターンが定着してきた。(新チームになって)攻撃が魅力のチームにしたい。みんなが周囲から恐れられるような打陣にしていきたい。冬季は打撃を課題に取り組む。勝つためには点を取らないといけない」
▼大柿
「秋季が始まって4年生が抜けて、みんながもう一度勝利のために一つになり成長できた。今日は打てたけど、エラーもあったし、上を目指すためにはもっと強化しなければいけない。バッティングに走塁をもっと練習して、全国で勝てるようにしたい」
▼石澤
「今日勝てたことはよかった。初回は味方が先制してくれたし、格上の相手にも初回から点を取ってくれたし仲間に助けられた。最初の立命大戦はプレッシャーもあったが徐々になくなった。決め球の精度、ストレートの球威をあげ、相手との駆け引きを上手くしたい」
▼穂束
「(前節で優勝が決まり)今日は全勝優勝を狙って試合に挑んだ。楽しんでできたしみんなで一丸となれていた。でもエラーなどのミスで試合を作ることはできなかった。(自身は留学に行くので)春はチャレンジャーの気持ちで連覇してほしい。最強といわれるチームになっていてほしい」
▼黒田
「ピンチはたくさんあったが、いい試合だった。ピッチャーが守りきれた。全勝優勝ということは気にしてなかった。先制点をとりチームで守り切り粘る、関大らしい試合を気負わずやれた。リーグを通して1点差の苦しい試合ばかりだったが、勝てたので良かった。初戦苦しい試合だったが、勝ち切れて波にのれた。(来季からは)苦しい戦いになると思う。個人個人のレベルアップが必要」
▼岡田
「先制できたのが大きい。ピッチャーがよく抑えた。優勝決まってから楽にできた。(全勝は)勝てたらラッキーと思って開き直ってた部分もあった。苦しい試合展開で、追いつかれるところで逃げ切った形。めちゃくちゃ嬉しかった。大体の試合でこっちが先制点とってる。石澤さんも押さえている。誰かが特別なわけではなくチーム力で勝てた。(自らは)打つ面で貢献できたのが良かった」
▼安部
「キャプテン中心に精神的に成長できて最高の形で締めることができてよかった。前回の試合でエラーをしてしまったので、どんな球が来ても体で止めようとした。チームに貢献できて嬉しい。6/9が1回生で一試合一試合課題が多かった。一週間で修正して次の試合というのが優勝に繋がった。冬に1からたてなおして、体力、精神力をつけ、インカレ、西カレともに優勝狙う。1、2回生も引っ張っていけるように鍛えていく」
▼山本
「今季は9番。後につなぐ意識を持ったが、今日まで結果を残せていなかった。最後の試合でヒットを打ちチームに貢献できて良かった。内野は1年生が多いので、2年生として引っ張る姿勢だった。声出しなどでチームが沈まないようにした。雨がなければ一ヶ月前には終わっていたが、そこで精神面を鍛えられた。それは来季にもつながる。優勝を決めた同大戦は初回からホームランで流れをつくり逃げ切れた。優勝は毎試合守備と攻撃の流れを上手く作れたから。来季に向けて投手陣を強化し、野手は自分からリズムを作りたい」
▼太田
「チームの目標は元々2位。1勝1勝重ねていくうちにいけるのではと感じた。3勝した時に全勝を狙った。1位は気負いすぎる、2位を目標にしたことで気持ちに余裕ができた。新体制は攻撃や守備を学んで一戦ごとに成長していけたと思う。同大戦で優勝は決まったが、気持ちが舞い上がり適当にならないようにした。おごらず、全勝しようとさらに集中して今日に挑んだ。今日は打撃は良くなかったが、外野から声をかえるなどすべきことはできた。全勝できたのは出てる人の活躍とレギュラーではない人のサポートやベンチでの動きのおかげ。雨が多かったが、気持ちを切らさずにいけた。来シーズンはこれにおごらずいきたい。最終目標は関東の強いチームを倒すこと。冬は試合がないが、体作りをしてインカレや西カレで上位にくい込みたい。課題は打ち損じをなくしプレーに安定感をだすこと。チームとしては劣勢の時に盛り上げすぎて空回りしてしまうことがあるので冷静さも欲しい」
▼那須
「ソフトを始めて半年。自分ができるのは守備で、そこでチームに貢献できた。打つ方では打てる球だけをと心がけたが上手くできなかった。優勝した同大戦では幸先良く点が入った。じりじりと追い詰められ相手バッターの長打を警戒して緊張感があったが、どんなボールでも取ってやるという気持ちで乗り切った。良い経験。(全勝に関して)これから先もある。今日あっさり負けたら次に悪影響。他のチームに気が抜けてると思われても情けない。士気高く臨んだ。守りで大きなミスがなく、エラーもチームでカバーできた。攻めも雰囲気が良くリラックスできていた。課題は目標の打ち勝つソフトができなかったこと。打撃強化をし、個人の弱点を克服していきたい。来シーズンは2連覇を目標にしたい。去年は秋優勝で春だめだった。関東を目標にしているので西カレやインカレに向けて練習したい。個人では打撃で活躍し、守備もしっかりしていきたい。代打で悔しい思いもし、相手に通用しないのも痛感した。ソフトにあったフォームやスイングを先輩に聞いたり映像を見て学びたい」


このページの先頭へ