%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E5%AE%AE%E5%8E%9F140427.JPG

◇春季関西学生1次予選リーグ対武庫女大◇4月27日◇武庫川女子大学◇

武庫女大000 000 010=1
関 大100 100 00×=2

昨秋リーグで2位となり、創部初の1部昇格を果たしたソフトボール女子。この春からは強豪が名を連ねる舞台での戦いだ。初戦は敗れたものの、「初回をきっちり抑えられていたらどうなっていたかわからない」(市枝主将)と手応えをつかむと、2戦目では念願の初勝利。勢いそのままに今日のダブルヘッダーに挑んだ。

第1試合の相手はホームの武庫女大。初回、関大は先頭打者の杉田が中堅に弾き返し、出塁する。さらに、2番の中村がきっちりと送りバントを決める。2死二塁となり打者は先発投手の4番・宮原。二塁後方に上がった打球は中堅手の前にぽとりと落ち、先制に成功する。クリーンヒットではなかったが、「先制したいという場面で気持ちでは負けなかった」と宮原。4回にはバッテリーを組む守部が三塁打を打ち、再びチャンスの場面で適時打を放った。

投げても、初回を三者凡退に抑えるとその後も好投。ピンチの場面では、「周りが守ってくれるという安心感があった」と強気の投球を披露し、7回を投げて1失点。見事、投打で活躍し、完投勝利を収めた。【浦野亮太】

▼市枝主将
「(好調の要因は)攻めの姿勢。攻撃だけでなく守備でも。初回から勢い良く点も入った。(1部で2勝できたことは)今後のチームにとって大きい。(接戦を制したのは)宮原が踏ん張ってくれた。攻撃で悪い流れでも、ピッチングで流れを作ってくれた。この試合は今は置いておいて、1戦1戦攻めて勝ちにいきます」

▼宮原
「調子はまずまず。(初回の先制点は)1点欲しい、先制したいという場面で気持ちでは負けなかった。(ピンチの場面では)みんなが声をかけてくれる。周りが守ってくれるという安心感。挑む、勝負するという気持ちは負けなかった。1番最後に大ファウルを打たれた時はふるんだが、センターの子が広く守ってくれて投げれた。(追加点は)1点欲しい場面だったので犠飛でもいいから遠くに飛ばそうと思った。(第2試合は)出場するなら全力で。投げる準備はしている」

このページの先頭へ