賞状を手に笑顔の選手たち

◇関西学生春季リーグ戦・福知山市営テニスコート◇

 2日間に渡って行われた今大会。関大は1日目の対金蘭大戦、対関外大戦で勝利を収め、優勝圏内に立つ。

 迎えた2日目。第1試合の相手は、昨季優勝校である神蔭大だ。強豪校を相手にシングルス垂井が奮闘し、ストレート勝ちを収めるも、ダブルスが力及ばず1-2で敗北する。第2試合の関学大戦は終始相手のペースに飲まれ、1勝もできず0-3で終わった。

 そして、最終試合は対立命大。1番手の長谷部・山田組は第1セットを落とすも、徐々に調子を戻し、4-1で快勝する。2番手の垂井はまさかの敗北を喫し、勝負の行方は3番手の竹綱・中川組に懸かった。後衛竹綱は相手のボールを粘り強く返し、相手のミスを誘う。また、前衛中川のボレーも冴え、息の合ったプレーで4-0で圧勝。結果、2-1で立命大を下し、総合では3勝2敗で、昨季より順位を1つ上げ3位となった。

▼表監督「(3位という結果に対し)まぁまぁだ。かといって、優勝も狙っていたので満足とも言えない。シングルスの垂井にはもう少し期待できる。主に4年生が主軸となり、頑張ってくれた」

▼竹綱主将「昨季より1つ上の順位にいけてよかった。主将として、どんな相手にも向かっていき、1本1本着実に取ろうと呼びかけた。(次の関関戦について)力を出し切ればいける相手だと思うのでむかっていく姿勢で頑張ります」

このページの先頭へ