◇関西学生秋季リーグ・滋賀県立彦根総合運動場庭球場◇

 2日にわたって行われた今大会。2勝3敗で5位という結果に終わった。

 初戦は対金蘭大戦。シングルス垂井が相手を全く寄せつけずストレートで圧勝するも、ダブルス2組が接戦を制すことができなかった。結果1-2で敗北。続く神戸松蔭女大戦でも1―2で負け、2戦2敗で1日目を折り返す。

 「気持ちを切り替えていきたい」(竹綱)と臨んだ2日目。対立命大戦では1番手の峰松・山田組、2番手の垂井が快勝。2―1で初の勝ち星を挙げた。

 続く第4試合の相手は、昨季優勝校である関学大だ。1番手を1―4で落とし、2番手垂井にプレッシャーがかかる。対するは西日本学生選手権大会シングルスの王者。同大会決勝で敗北している垂井は、リベンジに挑んだ。
お互いを左右に振り合う激しいラリーが続く。2セットを先取されるが、粘り強く相手のミスを誘いファイナルゲームまでもちこむ。しかし、力及ばず惜敗。3番手も2―4で黒星に終わり、結果0―3で完敗した。

 そして、天理大を相手に迎えた最終戦。1番手の竹綱・中川組、2番手の垂井がともに4-0で圧倒的な勝利を収める。3番手は3-4で惜敗するも、2―1で天理大を相手に白星を挙げた。結果、2勝3敗の5位という成績で秋季リーグの幕を閉じた。

▼表監督「今回のリーグは、タブルスの調子がいまひとつだった。タブルスで、ケガの選手に代わって出場した1年生が期待以上の活躍をしてくれた。昨日の2敗で、1部6位になるかと思ったが、今日の2勝で正直ほっとしている。ケガがなければ優勝が狙えた」

▼竹綱主将「(1日目の)負けは変えることはできない。気持ちを切り替えることに努めた。今日(2日目)の1試合目は流れをつかみきれなかった。後の(番手の)2つが勝ってくれたのが本当に嬉しかった。関学には挑戦者のつもりでいったけどやっぱり実力は上だった。天理とは一部にあがる入れ替え戦で当たったところで思いいれがすごくあった。ほんま頑張ろうと思っていたので勝てて嬉しかった。結果はそんなによくなかったけど、チームがまとまっていてよかった。後輩には関大らしい元気なところを続けてほしい」

▼垂井「今回のリーグが4年間の最後舞台で、プレッシャーもあったけど、自分らしいテニスができるようにと思っていた。(関学大戦では)リベンジはできなくて悔しかったけれど、内容的にはよかった。やれるだけのことはやったので後悔はしていない。(4年生が引退することで)メンバーが変わって大変になると思う。でも(後輩の)みんな強いから良い成長をすると思う。不安を打ち破っていってほしい。関大らしく元気にやっていってほしい」

このページの先頭へ