◇関西学生選手権大会(ダブルス)・同大京田辺キャンパス◇

 2年連続ベスト16に終わり、「今年こそは」と臨んだ関西学生選手権大会。長谷部・山田組がベスト8の仲間入りを果たした。

 関外大との接戦を制し、ベスト8を決めた長谷部・山田組。ベスト4の前に立ちはだかるのは強豪・関学大の七星・岡田組だ。

 1セット目は互いに譲らず、デュースが続く。しかしあと1本が出ず7-9でこのセットを落とす。続く2セット目も落とすものの、3、4セット目は相手のミスにつけこみ、連取。だがベスト4の壁は高く、セット数3-5で敗戦を喫した。

 次週には関西学生リーグが控えている。昨季は5位に終わった関大。今季の飛躍に期待が懸かる。

▼長谷部・山田組「2年連続ベスト16で、まずはベスト8に入るのが目標だった。競った場面でいつもなら負けてしまうが、今日は落ち着いていて負けなかったのが収穫。課題はサーブレシーブ。次週のリーグ戦では、今日と同じ相手に当たったら今度は勝ちたい」

このページの先頭へ