◇関西学生春季リーグ・福知山市営テニスコート◇

 2日間に渡って行われる春季リーグ。秋季リーグを1部5位で終えた関大は、さらに上位を目指して熱戦を繰り広げた。

 「初戦だし、しっかり勝ちたかった」と中川主将。天理大相手に、まずは1勝を挙げる。だが続く関学大戦では敗北を喫してしまう。

 そして1勝1敗で迎えた2日目。「まだどうなるか分からない。とにかく元気に頑張ろう」(中川主将)。神戸松蔭女子学院大戦では、1番手の長谷部・山田組がファイナルゲームまでもつれこむ大接戦の末、勝利を収める。勢いづいた関大はその後も勝利し、2勝目を挙げた。続く関外大戦では、シングルスで峯松が相手に実力差を見せつけ快勝。だがダブルス2組が黒星に終わり1―2と悔しい2敗目を喫する。最終試合の千里金蘭大戦では相手を寄せ付けず、全勝での勝利を果たした。

 総合成績3勝2敗とした関大は、得失点差により2位に浮上し、リーグを終えた。だが「チームとしてはまだまだ力が足りない部分がある」(中川主将)。今リーグで得た課題を胸に、さらなる成長を目指す。

▼中川主将「(引退した)先輩達がすごかったので、リーグが始まる前は不安ばかりだった。でも2・3年生が思った以上にがんばってくれてこういう結果につながった。(1部2位という)結果よりも、内容に満足している」

このページの先頭へ