◇関西学生秋季リーグ戦2日目◇9月20日◇滋賀県立彦根総合運動場◇

初日を1勝1敗で終えた関大。迎えた2日目も優勝を目指し、白熱した戦いを繰り広げた。

関外大戦では、1番手のダブルスが黒星に終わる。しかし続くシングルスの丹、ダブルスの長谷部・山田組がサイドコースを狙い相手を翻弄する。実力の差を見せつけ2勝目を勝ち取った。

続く神戸松蔭女大戦ではボレーやスマッシュなどの素早い攻撃で攻め、見事全勝で圧勝。

最終試合の立命大戦では強風が吹き荒れ、試合運びが上手くいかない。 シングルスの丹が勝ち星を落とすなど苦戦しながらも2ー1で勝利を収めた。

 総合成績4勝1敗の関大は1部2位でリーグを終えた。今リーグで4回生は引退。「みんなが勝ちたいと思いだして(チーム内で)厳しい練習も増えた。最後こういう結果で終われて良かった」と長谷部主将。彼女たちの意思を受け継いだ新チームもさらなる活躍を見せてくれるに違いない。

▼長谷部主将「しっかり相手に向かっていこうという気持ちで臨んだ。優勝できなかったのは悔しいけど4勝できたのは初めて。最後に勝ててよかった」

このページの先頭へ