◇関西学生秋季リーグ戦・長浜ドーム◇

 秋季リーグ開幕。ソフトテニス部が1部優勝に向けて2度目の挑戦が始まった。

 初戦の相手は昨季2位の天理大。関大は4-1で快勝し、次の同大戦に向けて弾みをつけた。

 迎えた同大戦。1-2で迎えるは3番手の佐藤・乾組。落としてはならない一戦だ。しかし、最初2セットを先取されてしまう。3セット目以降は乾のボレーが決まり出し、佐藤のストレートも勢いが増す。第3・4・5・6セットをものにし、見事逆転勝ち。2-2の同点とする。だが、続く5番手、友谷・山下組が健闘するものの、4-1で敗北。結果、昨季1位の同大に2-3で惜敗した。

 初日の最終戦、対関学大。1番手の荒木・口野組は4-1で敗れるものの、2番手の佐藤・乾組は、4-1で見事勝利。同大戦同様、ストレートやボレーが決まり、勝利に結びつけた。3番手のシングルの筋師も勢いに乗り勝利を収め、次の4・5番手に望みを繋げる。

 だが、相手は簡単に勝たせてはくれなかった。5番手の丸山・木田ペアは、最終セットまで粘るものの、4-3で敗れる。5番手の友谷・山下組も、2-2と粘ったものの、最後は逆転を許し、白星を飾ることはできなかった。

 結果、初日は1勝2敗。同大・関学大とは最終セットまでもつれこむ接戦となったが惜しくも敗れた。この悔しさを胸に、最終日の近大・立命大に臨む。

▼範国監督「2-2のマッチポイントを取っているにも関わらず、大胆さが足らなかった。本来の動きが出来ていなかった。課題は思い切ったことが出来るかどうかだと思う。明日の近大・立命大には最低でも1勝1敗はしたい」

▼乾主将「1試合目を乗り切ることが、前からの課題だった。でも今日は1試合目で勝つことができ、2試合目の同大に臨めた。とりあえず今回のリーグでは、サーブやレシーブでの簡単なミスをなくしていきたい。そして、5試合全部を楽しみたいと思っている。リーグ優勝が遠ざかったが、悔いの残らない試合をしたい。全体を通して3勝2敗はしたい」

このページの先頭へ