◇関西学生春季リーグ・福知山三段池テニスコート◇

 2日間にわたり行われる春季リーグ。優勝を目指し、戦いに挑んだ。

 初日を2勝1敗で終え、迎えた2日目。初戦の同大戦では1・2番手のダブルス2組が連敗を喫してしまう。ここで3番手のシングルス・佐藤が奮起。4−2で見事勝利を収める。4番手の丸山・山本組も最終セットまでもつれ込んだ接戦を制した。だが、5番手の大友・友谷組は0−3で敗北。結果、2−3で惜しくも勝ち星を逃してしまう。

 続く姫路独協大戦は、1番手の筋師・口野組が4−1で勝利。続く小山内・横山組が敗北するも、3番手の佐藤も4−0で快勝。残るダブルス2組も連勝し、関大は4−1で白星を挙げた。

 結果、3勝2敗で3位に入った関大。悔しさが残る結果となった。

▼山本主将「悔しいです。勝てるチャンスは昨年よりあったから、全員が悔しい気持ちを持っていると思う。(秋季リーグに向けて)上がっていくしかない。優勝します」

このページの先頭へ