◇関西学生秋季リーグ戦◇9月21日◇長浜ドーム◇

 2日間に渡って行われる秋季リーグ戦。悲願の1部優勝に向け、ソフトテニス部の挑戦が始まった。

 初戦の相手は天理大。「天理大戦が勝負だと思っていた」(山本主将)。1番手の筋師・口野組とシングルスの佐藤は勝利するものの、あとのダブルスが倒れ、2-3で惜敗を喫する。

 勝負の一戦を落としたことで、チームは大きなかけに出る。「思いきってペアを変えた」(山本)。心機一転し、2戦目の立命大戦に臨んだ。1番手の小山内・山本組がフルセットまでもつれ込む接戦を制すると、続く2番手、筋師・口野組も勝利。シングルスの佐藤は相手を全く寄せ付けず勝利を果たした。

 「ペア変更がうまくいって、チームに火がついた」(山本)。勢いに乗った関大は、昨年2-3で惜敗を喫した同大戦に挑んだ。1番手の筋師・口野組が勝利するものの、2番手の小山内・山本組はストレート負け。だが、シングルスの佐藤が、圧倒的な力で流れを変えるストレート勝ちを収めると、リーグ初レギュラーの4番手の今西・菅井組が4-2で同大を抑え、大金星を挙げた。

 初日を2勝1敗で折り返した関大。初めて立命大、同大に白星を挙げ、チームは大きな盛り上がりを見せる。リーグ最終日の明日は、強豪・関学大との一戦が控えているが「勢いはうちの方がある」と山本主将。チーム一丸となり、悲願の1部優勝を目指す。

▼山本主将「天理大戦が勝負だった。でも負けたことで雰囲気が悪くて、思い切ってペアを変えた。そうしたらチームに火がついた。初めて立命大や、同大に勝って勢いは十分ある。優勝も狙える位置。関学大は強いけど、勢いはないので、うちはこのまとまりを持続させて戦っていけば怖い相手じゃない。(自身最後のリーグで)硬くなってしまった。個人的には全然満足していない。3年生に頼ってしまった。最後まで楽しんでやりたい」

このページの先頭へ