◇関西学生春季リーグ戦2日目◇4月29日◇福知山三段池テニスコート◇

 2日間にわたるリーグ戦。初日は、関外大、立命大に破れ、関学大には勝利を収めた。精神面の弱さが露呈し、思うように乗り切れなかった。2日目反省を生かし、一勝でも多くあげることに集中して臨んだ。

 負け越しで迎えた最終日。まず対戦するのは、天理大。しかし、勢いのある天理大に再びメンタル面で押され1勝4敗と惨敗。この時点で、優勝の確率はなくなった。天理大戦が終わり、チーム全員を集めミーティングを行った。最終戦の相手同大は、強豪揃い。順位にはこだわらず、強敵相手に自分たちが何をできるのかを意識した。

 迎えた最終戦、関大の意地をみせる戦いが火ぶたを切った。
 
 一番手は、濱田・上垣組。前半は互角の戦いを見せ、ゲームカウント2-2に持ち込むが、後半ミスが重なり、ゲームを連続で落とし、2-4で一敗目を喫する。二番手、畝田・高橋組も相手の強烈なストロークに手が出せず、ストレート負け。三番手、シングルスでエントリーしたのはルーキー・榊原。正確にコースを狙い、相手のミスを誘う。ゲームカウント4-1で期待の新人が1勝目をあげた。四番手は、エース・稲田、齋藤主将組。稲田がスピードのあるショットを相手コートに叩き込むが、相手もそれに勝る重みのある返球。思うようにゲーム展開できず、敗北。最後は、玉井・森組。果敢にボールに手を出し、森がボレーを決める。しかし、同大の前衛、足立の勢いのあるボレーに圧倒され、黒星を喫した。1勝4敗と惨敗し、昨秋の2位から5位に転落した。

 上手く乗り切れず、実力を出し切れなかった関大。次の大会は西日本インカレだ。彼らの逆襲劇がいざ始まる。

▼堺監督
「基本的にメンタルでやられて、受け身になってしまった。昨秋2位になったことで気持ち的に甘くなってしまった。他大学は、1・2年生もメンバー入りしている。この大会で修正すべきところが見つかったので、西日本インカレまでに直す」

▼齋藤主将
「この大会を通して良いところはなかった。雰囲気にのまれ、勢いに乗れなかった。惨敗し、みんな危機感を感じてくれたはず。もっと練習にも集中して取り組み、西日本インカレでは雪辱を晴らしたい」

このページの先頭へ