◇関西学生秋季リーグ戦2日目◇9月24日◇長浜ドーム◇

 昨秋は2位という好成績を収めるも、今春5位と苦汁をなめたソフトテニス部。春リーグではメンタル面に不安を感じていたが、新チームになってどう変貌を遂げたのか。注目の秋リーグが開幕した。

 初日を1勝2敗で終え、苦しいスタートとなった2日目。初戦で対したのは大商大だ。接戦を繰り広げ、3-2で競り勝った。勢いに乗り挑んだ最終戦は天理大戦。D1で登場したのは高杉・博多組だ。しかし接戦の末、惜しくも敗北を喫してしまう。続くD2ではチームの柱として注目されている稲田・上垣組が勝利を収め、あとにつなぐ。しかし3番手玉井、4番手の高橋・榊原組も相手の勢いに押され黒星を喫してしまった。最後を任された島田・森組が意地の白星を挙げるも、2-3で敗北となった。

 総合成績は2勝3敗で4位。春よりは順位を上げたものの、彼らの目指す高みには到底及ばない。稲田率いる新チームで、さらなる躍進を誓う。

▼稲田主将
「(リーグを振り返って)新チームになって色々な結果が出るだろうなと、チームの雰囲気も気になっていた。夏の合宿を通じて一つにまとまった。(対戦)相手のチームに雰囲気は負けていなかった。(今回の結果に満足か)キャプテンとして初試合で優勝は夢っちゃ夢だった。でも本番は春。この大会はあくまでも通過点に過ぎないので逆に4位で良かった。しかし、もう少し上に行けた。これからシングルスの強化、安定したプレー、ストロークの強化を計っていきたい。課題点も見つかったので、見つかったことも良かったと思う。(新チームの雰囲気は?)元気が一番のチーム。技術では(他大に)劣ったかもしれないが、雰囲気は良かった。(今大会の収穫は?)元気、応援。負けていたら余計にがんばろうとなる雰囲気だった。結果が出なかった。3回生がこれまで以上にまとまって、1からがんばる。まずは同級生から。(次大会の春リーグにむけて強化すべき点)プレー、とくにストローク力、展開力、前衛の駆け引きをどうするかなど。どうやったら一本とれるか、練習から試合のことをもう少し考えてしていきたい。(春リーグの意気込み)プレーも磨いて、人間形成もしっかり。当たり前のことができれば結果はついてくる。がんばる姿勢、基本を見直していく。挑戦者をいう気持ちで。関大らしい元気さで、躍動感のあるプレーをしたい」

このページの先頭へ