IMG_9343.JPG

◇第37回総合関関戦◇6月14日◇関西大学ソフトテニスコート◇

【総合成績】
関大3-4関学大

 ここ数年は雨のために試合が行われていなかったソフトテニス部。今年の関関戦は、照りつける太陽のもとでの試合となった。「関大のソフトテニス部として、男女で団結して試合をするのは関関戦だけ」(博多主将)。男子5ペア、女子2ペアが出場し、勝利数の多い大学が勝ちとなる。勝ち星を積み重ねるべく、一戦必勝をめざし、勝負に挑んだ。
 まず始めに、辻・榊原ペアが登場。最初のゲームを失うも、2ゲーム目は接戦の末もぎ取る。相手の浮き球に対し、榊原がスマッシュを決め、試合を優位に進めた3ゲーム目。最後は、相手のストロークに辻が右サイドから強いボレーを決め、ゲームカウント2-1とする。しかし、関学大も速いスマッシュを繰り出し、辻、榊原の間を抜く。両チーム一歩も譲らず、試合はファイナルゲームへ。榊原のサービスエースなどで3連続ポイントを先取し、リードするも、終盤相手のボレーやストロークを次々に決められ、マッチポイントを握られる。榊原のサーブのリターン球を取れず、ゲームカウント3-4で惜しくも敗れる。
 2試合目は各務・佐々木美ペア。各務のボレーがさえ、1ゲーム目を獲るも、佐々木美のミスショットも重なり、次のゲームを落としてしまう。3ゲーム目は、佐々木美がすっと前に出てボレーを決め、3-1のゲームポイントを握ると、佐々木美のストロークに相手が反応できず、ゲームカウント2-1とする。次のゲームを落としてしまい、並ばれるも、5ゲーム目は、デュースにもつれ込んだが、しっかり取り切り、ゲームカウント3-2。関大にサーブ権のある6ゲーム目は、各務のサーブやボレーで相手を崩し、勝利を収めた。
 1勝1敗で迎えた島津・島田ペア。最初のゲームを接戦の末落としてしまうと、続く2ゲーム目はネット、アウトが重なってしまった。流れを取り戻したい2人だったが、ミスが続き、相手に得点を与えてしまう。島津がスマッシュでリターンアウトを取るも、及ばず、ストレート負けを喫した。
 続くペアは博多・等々力。1ゲーム目は博多のストロークがアウトになり、3点を失うも、等々力が左サイドからボレーをたたき込む。また、ラリーが続き、博多がコートの隙に上手く落とし、デュースに持ち込んだ。しかし、その後粘れず落としてしまう。続く2ゲーム目は、博多がボールを上手くあわせ、相手コートに落とす。また、強いストロークで相手打球をネットにした。2ゲーム目をとるも、ボレーやスマッシュを巧みに使い分ける相手に足を動かされ、勝利とはならなかった。
 1勝3敗となり、後がなくなった関大。ここで春季リーグ、ペアとしても全勝で優勝した佐々木真・田中ペアが登場する。ミスが続き、1ゲーム目を落としてしまう。2ゲーム目は相手コート前にボレーをたたき、佐々木真のストロークがサイドに決まり、このセットをものにする。3ゲーム目は相手ペアが後方にポジショニングしていたところをボレーで前に落とし、また、佐々木真のカットサーブのリターンがネットになり、2連続ポイントを挙げる。しかし、すぐに追いつかれ、4連続ポイントを奪われてしまった。しかし、ここから巻き返し、勝利を収めた。
 2勝3敗で浅井・三宅が登場。浅井のストロークで1点目を挙げるも、その後連続得点を挙げられ、1ゲーム目を落とす。しかし、2ゲーム目は、強い浅井のショットに対し、相手は反応するも、ラケットに当てるだけが精いっぱいだった。次々に浅井が決めていき、ゲームカウントを1-1とする。3ゲーム目はボレー合戦が続くも、浅井が上手く合わせ、相手をかわす。ダブルフォルトでカウント2-2とされるも、浅井のサービスエースで先手を打つ。しかし、次のショットはネットになり、相手ポイントへ。コートのギリギリにボールを入れると、三宅が中央から勢いを弱め、ラケットに軽くあてる。これが決まり、3ゲーム目を取る。しかし、両ペアともに粘り、勝負は7点マッチのファイナルゲームへ。序盤から相手の攻撃が次々に決まり、1-5とされる。ピンチを迎えてしまうも、ここで三宅が相手打球に素早くボレー。また、速いスマッシュを繰り出し、巻き返しを図った。しかし、追い上げはここまで。後一歩及ばず敗戦してしまう。
 2勝4敗で最後は、1年生ペアの妹尾・羽柿ペア。試合初出場ながら落ち着いたプレーを見せる。羽柿のショットがさえ渡り、相手の攻撃を封じる。危なげない試合運びで2ゲームを連取。その後も、相手を寄せ付けず、ゲームカウント4-0でストレート勝ちを収めた。
 総合成績は3勝4敗で、関学大に後一歩及ばず勝利を収められなかった関大。しかし、関学大相手に男子は、ファイナルゲームに持ち込む健闘を見せた。また、試合の出場経験が少ない下級生たちの活躍も光り、今後を見据える上でも、収穫の多い伝統の一戦になったに違いない。【吉田佳奈】
IMG_9080.JPG


▼博多主将
「普段は男子と女子が別々なのだが、一緒になって協力して行う試合は関関戦だけ。関大ソフトテニス部として頑張っていこうと思ってやっていた。今年は本部の方たちが力を入れておられるので、自分たちも関大体育会として貢献できるような試合にしようという感じだった。負けてしまって申し訳ない。女子は強いが男子で勝てなかった。主将として、頑張っていかないとと思った。女子は両大学ともに1部だが、男子は関大が2部で相手は1部。やはり上だなと思った。1回生の子が試合に出ていて、初めて出る子もいたなかで、しっかり試合できていたのが良かった。課題は、ファイナルゲームまでいった試合があったのに、勝たせてもらえなかった。こういう場面で勝てるような試合にしていかないとと思う。次は関西六大学と西日本インカレがある。関西六大学は関学大にあたるのでリベンジしたい。西日本は、去年より多く勝てるように頑張りたい」

このページの先頭へ